地方ではネットを使って集客をした方がいいのだろうか?

地方ではネットを使って集客をした方がいいのかどうか、これに関しては、

  • リアルでの集客(オフライン)
  • ネットでの集客(オンライン)

両方使うのが良いです。

当然、住んでいる場所や提供する商品やサービスによっても変わってきますが、オフライン・オンラインどちらにも一長一短ありますので、両方を上手く使いこなせる方がいいのです。

そして、リアルにしてもネットにしても、集客ができるかどうかは「ポジショニング」がとても大事です。ポジショニングができていない状態でネット集客すると、失敗する可能性は高くなります。

地方ではネットを使って集客をした方がいいのだろうか?

地方で集客するための土台になるのは差別化・ポジショニング!これができてないと集客は難しい!?

2021年5月19日
地方ではネットを使って集客をした方がいいのだろうか?

どこまで差別化すれば、地方や田舎では集客ができるのか?

2021年5月20日

リアルもネットも、顧客リストが大事

リアル(オフライン)で集客するにしても、ネット(オンライン)で集客するにしても、1番重要になるのは【顧客リスト=名簿】です。これは、好立地を武器にしたふらっと買いのビジネスでなければ、顧客リストは大事になります。

つまり、「アプローチできるお客様情報」が大事ということです。

「住所・電話番号・メールアドレス」など、アプローチできる情報なので、住所が分かれば、訪問やDMを送ることができます。電話番号が分かれば、営業電話をすることも可能になります。

ビジネスではこの「顧客リスト」がどれだけいるかが重要になってきます。だからこそ、コストを掛けてでも、リストは集めた方がいいのです。

新規客を獲得するには、既存客の5倍のコストが掛かる

マーケティング用語には、「1:5の法則」というものがあります。新規客を獲得するには、既存客の5倍のコストが掛かるという法則です。

つまり、新規客を集めることは、集客の中でも難易度が高いです。

新規顧客は獲得コストが高くなる分、当然得られる利益も低くなります。なので、最初の購入のハードルを下げることで、獲得コストを抑える必要があります。

そして、新規客の獲得以上に、既存客の維持をすること=リピーターになってもらうことが重要であるということなのです。まだ購入がない場合でも、何らかの接点を持ち、関係性を大事にすることが必要なのです。

顧客リストがあると・・・

例えば、リピートのあるビジネスならば、集客に困った時は、既存客(リピーター)にDMを出すことだってできます。もし、既存客の中でも何度もリピートしてくれる方がいるなら、あえてVIP客扱いして、上位商品などを特別な案内としてDMすることだってできます。

もし顧客リストがなければ、一番難しい新規客を集めることに必死にならなければなりません。当然、すぐには購入してもらえなかったりしますから、イチから関係性を築くとなると時間も掛かります。

顧客リストは、何も住所や電話番号でなくてもかまいません。何なら最初はメールアドレスだけでも十分なのです。ブログやSNSは、来てもらわないと見てもらえませんが、メールはこちらからアプローチすることが可能になります。

たとえば、顧客リストとして100人のメールアドレスを所有していたとします。何かお知らせをする場合、メールを送るだけで、すぐに案内することが可能になります。しかも、メールを送るだけですので、お金をかかりません。

これを新規客100人ひとりひとりに案内したら・・・告知用の広告費も必要ですし、何より、自社(自分)のことを知らないわけですから、反応も薄くなります。

大手も顧客リストを集めようとしている

中小企業の方、誤解しているのが、大手のやり方です。

大手はテレビCMや代理店任せで、一見顧客リストなんて持ってなさそうに思えますが、実は展示会などで名刺交換したりしてて、かなりの顧客リストをもってたりします。テレビCMなどのイメージ広告とは別に、広告費を掛けてリストを集めることもしているのです。そしてそのリストに対して、地道にアプローチしていたりします。

地方ではネットを使って集客をした方がいいのだろうか?

顧客リストを集めることこそが、どんなビジネスでも1番重要になります。そして売上は、顧客リストの質と量に比例していきます。

なので、ネットを使って集客するなら、ブログを書いたりSNSを投稿したりするよりも先に、ちゃんと顧客リスト集められる仕組みと、それを活かす仕組みを作りましょう。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。