「地域密着+リピート+全国販売」が地方で生き残るための標準?

地方事業者が地元だけを相手にしていたら、ほぼ間違いなく廃れます。いくら移住促進したところで、日本全体で人口が減っているわけですから、比例して地方の消費者はどんどん少なくなるでしょう。

反対に、東京の人口は増えています。実際、コロナ禍であっても、東京の人口は増えているから、不思議な話です。(外国人は減ったが日本人は増えている・・・)

ただ、「残存者利益」というのがあるので、需要がすぐにはなくなりそうにない分野であれば、地元の競争に勝ち残り、競争相手である他社が撤退した後、その生き残った企業のみが地元市場を独占できます。残存者だけが得られる利益はあります。

では、地方の小さな会社が地元の強豪と戦って勝てますでしょうか?

コツコツ地元の顧客を相手にするのもいいのですが、それだけではなく、ネットを使って、商圏外のエリアにも進出していったらいいんですよ。簡単に言えば、全国販売ですね。

  • 地域密着
  • リピート
  • 全国販売

これら3つが地方で生き残るための標準だと思っています。

「地域密着」は昔から言われてる重要項目ですが、「リピート」と「全国販売」は、見ようとしない経営者も多いです。

リピートが存在しない売り切り販売の事業や、リピートを重要視してない企業は、売ったもん勝ちで売れさえすれば良いわけですから、商品やサービスの質が悪くなりやすい環境に陥ります。売り切りだと、売ったら終わりで、既存客を資産だと思いませんからね。

そして、地元だけを相手にしている事業だと、人口の減少と共に廃れていきます。最終的には、同業者との奪い合いになります。

これらを満たしている典型的な事業が、地方の工務店です。工務店事業も工夫すれば、リピートや全国販売できなくはないんですが、やらない人が大多数なので・・・車販売の場合はまだ、数年で乗り換えたり、地方だと一家に複数台所有することもあるので、リピートが保たれていますからね。

というふうに、

  • 地域密着
  • リピート
  • 全国販売

この3つは地方ビジネスに外せない要素になるでしょう。

特に、地元だけを相手したら、どんな良い商品やサービスであったとしても、かなり厳しい結果が待っているのです。

実は、「地域密着&リピート」と「全国販売」という組み合わせは、売上や利益を上げることにも、相互補完的な役割をしてくれます。

都市 地方
新規顧客 人口が多いため獲得しやすい 人口が減少しているため獲得しにくい
顧客離れ数 競合が多いため目移りしやすい 競合が少ないため離れにくい
リピーター 競合が多いため切り替わりやすい 競合が少ないため切り替わりにくい
口コミ ネット中心 人伝でリアル中心

あと、「東京」という言葉に、地方は弱いのです。なので、

  • 東京で売れてます。
  • 東京にお店があります。
  • 東京から来ました。

など、東京との関わりをつくることも意外と効果的です。お店を構えるなどは費用も掛かることなので難しいですが、全国販売で東京でも売ることは、さほど壁は高くありませんからね。

全国販売に限らず、結局、コロナでも儲かり続けている会社とコロナで苦しんでいる会社、その差を生んでいるものは、「オンラインで集客ができているか」ですからね。

例えば、Web上に集客やセールス用のページを作ったり、オンラインで商品が売れる仕組みを作ったり・・・まさにここで公開していることですよ。

知ってもやらない人が大多数なので、さっさとやったもの勝ちです。コロナが落ち着いたからといって、すぐにコロナ禍前の元通りになるわけではありませんからね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。