ネット広告を出せば集客は上手くいく?→現実はそんな甘くはありません。

「ネット広告を出しさえすれば集客は上手くいく」と思っている人もいるかもしれませんが、残念ながら現実的にはそんな甘くはありません。

知られても売れてないものは、ネット広告を出してもダメです。

一言で言ってしまえば、「ほしい」と思われなきゃいけないんですが、その「ほしい」の土台になる本質をおろそかにしてると、どんな集客方法をしようが無理です。あとは、騙すしかなくなりますし、たとえ悪意がなくても、騙すことになります。

その土台には3つあります。

1.価値を提供できていない

顧客は、自分の欲求を満たしたり、または問題解決のために購入しています。

  • 家の掃除をしたい → 自分でするのは大変で上手く出来ない → 代行してもらいたい → クリーニング会社
  • 映画「◯◯」を観たい → わざわざレンタル店に行くのが面倒(返すのも面倒) → 自宅で手軽に観たい → 動画配信サービス

当然、欲求にも様々あります。自分だけで完結するものもあれば、人から良く見られたいなど周りとの関係性も絡むものもあります。

「顧客に対しての価値=欲求の解決」ということです。

その欲求の解決の対価としてお金を払うわけですから、あなたの商品やサービスが「顧客のどんな欲求を満たすのか?」が決まっていないと、集客したところで効果は出にくいのです。

2.ターゲットが定まっていない

顧客へ提供する価値を決めたら、次はターゲットを決めましょう。

ターゲットが定まっていない価値は、ただの自己満足にしかすぎません。欲求は人によって違いますので、ターゲットを明確にし、その欲求に沿って、価値もより明確にしていくことが必要です。

例えば、飲食店であれば、純粋に美味しいお店を求めている時もあれば、デートなどで使える良い雰囲気のお店を探しているときもあります。

人によって求める価値は違いますし、また同じ人でも目的によっても求めている価値は異なります。

その他、変わったもので言えば、ライブスポーツ配信の「DAZN」の場合、

ネット広告を出せば集客は上手くいく?→現実はそんな甘くはありません。
  • リアルに試合を観に行けないから、自宅で映像で観たい
  • 見逃し配信で、後日でもゆっくり楽しめる
  • サッカーも野球もF1も観たいけど、全部に観戦に行ってたらお金も時間も足りない

などが、スポーツ好きの多くの人に向けた価値になるわけですが、サッカーのJリーグに関してはユークな価値を提供しています。

なんと、Jリーグのクラブから「DAZN年間視聴パス」を購入すると、その購入金額の一部が強化費用としてクラブに還元されるという仕組みを設けています。

なので、自分が応援しているチームを更に応援できるということから、生の試合も見に行くのに、DAZNに入っている人もいます。ですが、サッカーを観ない野球ファンの人に取ってみたら、還元企画は興味のないものになります。

このように人によって、「求めている価値」は異なります。

なので、価値がふわっとしたものだと、ターゲットも曖昧になり、伝えるメッセージも曖昧になります。結果、集客したところで、効果は半減してしまいます。

求められている欲求に沿って絞ることで、価値が明確になり、メッセージも刺さっていきやすいのです。

3.差別化できていない

1と2ができていることが前提ですが、1と2ができていても、自社と同じような価値を提供し、同じようなターゲットの会社がいたりします。

これはどうしてもそうなります。地方の小さな会社が唯一無二の、価値とターゲットになることは、まずありません。DAZNのようなサービスは作れませんからね。また、あまり奇抜なことを狙えば、需要がなくなり、逆に集客できなくなってしまいます。

なので、競合と似たりよったりな「価値提供」や「ターゲット」になってもかまわないのです。1と2で大事なのは、ちゃんと需要があることです。

その上で、さらに磨きを掛けるために「差別化」していくことが必要になります。

自社よりも魅力的な競合が、自社と同じ価値提供で、同じターゲットだったら、集客はできませんからね。だから、競合に勝つための差別化が必要になります。

差別化にはたくさんの方法がありますから、競合とは違う差別化=自社に適した差別化を見つけ出す必要があるです。

その差別化をできることで、需要がありながら、競合とは違う存在になることができます。結果、集客の効果も上がることができるのです。

ネット広告を出せば集客は上手くいく?→現実はそんな甘くはありません。

イメージはこんなところです。(3C分析)

以上が3つの集客の土台となります。

集客するまでの土台って、地味で頭も使うので、やりたがらない経営者は多いんですよね。なので、集客が上手くいってない会社ほど、土台ができてないのです。

ネット広告に関しては、無料相談を受け付けていますので、

  • これからネット広告を始めようと検討している。
  • ネット広告の自社運用に限界を感じている。
  • 今の代理店に不満があり、乗り換えを検討している。

そんな状況の方は、ぜひご相談ください。


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。