集客の目的は「無料ですること」ではない!

昔から言われている集客の基本は、「あなたの顧客がいるところで宣伝をすること」です。決して「無料ですること」ではありません。

これは集客ツールが何であろうが今も昔も変わりません。

「自社のターゲットとなる顧客がいるところで宣伝する」と客観的に聞くとわかるのですが、実際は意外と自社のターゲットとなる顧客がいないところで、頑張って宣伝している人や会社は多いんですよね・・・

たとえば、店舗系ビジネスなど商圏が限られた事業で、ブログ集客をやっているとか・・・

ブログは、エリア関係なく、発信される情報なので、地域密着型という商圏が限られたビジネスでは、労力の割にあまり効果的ではありません。商圏外のお客さんがそのブログを見ても、利益につながることはほとんどないですからね。

無料でできるから、時間を犠牲にしてやる人が多いだけで、ブログ記事だけでは、新規集客には向いてないのです。たまに、反応はあるかもしれませんが、再現性が低いため、かなり効率の悪い方法なのです。時間を犠牲にしたブラック労働でごまかされているだけです。

SNSでも同じことが言えますよ。ブログやSNSなどは、商圏が限られたビジネスでの新規集客には向いてないのです。

集客の目的は「無料ですること」ではない!

地方ビジネスで新規集客用にブログとSNSを投稿する必要はない!?

2021年5月31日

ネット広告でも同じ!?

実は、ネット広告でも近いことが言えるのです。

例えば、Instagramの広告が良いと言われていたとしても、「あなたの顧客がInstagram上にいるのかどうか?」を考えた上で実施する必要があります。

もしいないのなら、広告を出して宣伝しても意味ありません。これは、広告に限らず、Facebook、LINEなど、どんなツールでも同じことが言えます。

だから、こちらで伝えている方法の中では、まずは「Google」としているのです。2020年の年間トップWebサイトは「Google」です。去年もその前もGoogleなのです。

このようにターゲット顧客を無視した集客(宣伝)を、知らずにやっているケースは非常に多いです。特に無料集客系に多いです。だから上手くいきません。集客の目的は、無料ですることではないはずです。

基本的なことですが、「自社のターゲットとなる顧客はどこに多くいるのか?」を意識してみましょう。そしてそこに投資することです。

それらを踏まえたら、細かいエリア設定ができるGoogle広告は、さっさとやった方がいいのですが、やっただけは上手くいかないのも、ネット広告の難しさですね。

集客の目的は「無料ですること」ではない!

ネット広告を出せば集客は上手くいく?→現実はそんな甘くはありません。

2021年6月2日


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。