集客の嘘「お客さんはメールなんて読んでません!」

メールマーケティングの話をしていくと、よく「LINEはどうですか?どっちがいいですか?」「今、Eメールは読まれてるんですか?」などと質問されることがあります。

ビジネスの場合、社内環境も違えば、ターゲット層も違うし、商品やサービスも違うので、「絶対にこっちが良い」という明確な答えはありません。

ただ、これまでの歴史やデータを見ていくと、「大半はEメールなのでは?」とも感じています。

データを見ると、未だに電子メールは利用されている

総務省がデータとして出している、令和元年調査(令和02.05.29公表)の「令和元年通信利用動向調査の結果」を見ると、「インターネットの利用目的・用途(個人)」では、電子メールの送受信が76.8%で一番多いです。

集客の嘘「お客さんはメールなんて読んでません!」

インターネットの利用目的・用途(個人) 令和元年調査(令和2年.05.29公表)

WEBサイトの閲覧より、SNSの利用より、LINEなどの無料通話アプリよりも、「電子メールの送受信」が多いのです。

さらに、年齢別で見ていくと、

集客の嘘「お客さんはメールなんて読んでません!」

年齢階層別インターネットの利用目的・用途(複数回答) 令和元年調査(令和2年.05.29公表)

電子メールの送受信

  • 13~19歳:約60%
  • 20~29歳:約80%
  • 30~39歳:80%台
  • 40~49歳:80%台
  • 50~59歳:80%台
  • 60歳以上:70%台

ホームページやブログの閲覧。書き込みまたは開設・更新

  • 13~19歳:約60%
  • 20~29歳:70%台
  • 30~39歳:60%台
  • 40~49歳:60%台
  • 50~59歳:60%台
  • 60歳以上:40%台

SNSの利用

  • 13~19歳:80%台
  • 20~29歳:80%台
  • 30~39歳:80%台
  • 40~49歳:約80%
  • 50~59歳:約70%
  • 60歳以上:40%台

無料通話アプリやボイスチャットの利用(多分、LINEなどでしょう。)

  • 13~19歳:約70%
  • 20~29歳:70%台
  • 30~39歳:70%台
  • 40~49歳:約70%
  • 50~59歳:約60%
  • 60歳以上:40%以下

という結果になっており、10代を除けば、LINEより電子メールの方が利用している割合が高いというデータになっています。

もちろん、「メールアドレスは持ってません。」という人もいるでしょうが、統計的には読んでる人の方が多いということです。

メールマーケティングのROI(投資対効果)は約40倍

「なぜ今さらメール?」「メールなんか時代遅れ」と思う方もいるかもしれません。

ただ、歴史を見ても、メールマーケティングは、新たなメッセージツールが出る度に「メールは終わった」「メルマガは終わった」と言われるのですが、その後、新たなメッセージツールが落ち着いたり、廃れることで、「やっぱりメール」「やっぱりメルマガ」という風に、毎回再注目されます。

ちなみに、アメリカのダイレクトマーケティング協会(Direct Marketing Association)などの情報を調べると、メールによるマーケティングに1ドル費やすごとに、

  • 2018年は、38ドルの費用対効果
  • 2019年では、42ドルの費用対効果

が出ているそうです。つまり、投資対効果が約40倍なので、100円投資すると4200円になるということです。投資して40倍も返ってくることなんて、そうそうあるものではありません。(日本でもこういうデータを出してほしいのですが、ありませんね・・・)

日本のデータだと、一般社団法人日本ビジネスメール協会の「ビジネスメール実態調査2021」があるのですが、

  • 仕事で使っている主なコミュニケーション手段の第1位は「メール」(98.9%)
  • 仕事でメールの送受信に利用している主な機器は「パソコン」(99. 61%)
  • 1日平均は送信「13.63通」、受信「51.1通」
  • 1日に1回以上メールを確認する人は99.49%
  • 半数近くの人がメールのデスクトップ通知をONに
  • メールを1通読むのにかかる時間は平均1分21秒
  • 1日69分メールを読んでいる

など、調査結果を見ても、ビジネスでのメールの利用が多いことがわかります。なので、BtoBビジネスの場合、確実にLINEよりメールです。

余談:メールは「送信者名」「タイトル」が大事

いくつかメルマガを購読していますが、メールの送信は、下記のような感じで「送信者名」「タイトル」がとても重要になります。

集客の嘘「お客さんはメールなんて読んでません!」

私の場合は、「A社のメルマガはAのラベル(上記だと「【メルマガ】/日本ネット経済新聞)」という風に自動仕分けの設定をし、簡単にわかるようにしています。ただ多くの人はメール受信システムをそこまで使いこなせてなかったりするので、「送信者名」「タイトル」で判断することがほとんどでしょう。

EメールもLINEよりも、顧客リストの質

Eメールを使うにしても、LINEを使うにしても、そこに必要になってくるのは、「顧客リスト」です。顧客リストがあるから、「商品やサービスの案内を顧客リストに流そて売上げに繋げる」という施策を取ることが出来ます。

なので、顧客リストを1000人や1万人に集めても、その質が悪ければ意味がありません。大事なのは、その顧客リストと、ちゃんと「関係性」を築けるか?ということです。「1回を売って終わり」というリピートのない売り切りビジネスにしても、たいていそのビジネスの商品は高額なことが多いですから、関係性は大事になってきます。

リピートのあるビジネスなら、一人一人の顧客と関係性を築くことで、商品やサービスを繰り返し買ってもらうことが可能になります。そこで満足してもらえたら、また次の商品やサービスを購入してもらうことが可能です。

そういう視点で考えると、どちらが「顧客との関係性を築けるか?」ということで選んだ方がいいわけです。例えば、LINEの方が少ない顧客リストだとしても、その顧客と深い関係性が出来ていけば、売上は上がります。

どうやって顧客と関係性を築くのか?

顧客との関係性を最も簡単に作りやすいのは、「接触頻度を増やす」ということです。「ザイオンス効果(単純接触効果)」とも呼ばれています。

ザイオンス効果(単純接触効果)=頻繁に接している人、何度も接点があったり、コミュニケーションを取っている人に対して、人は親近感を覚えやすく、関係性が出来やすくなります。例えば、1回で3時間接するよりも、1時間を3回接したほうが、関係性が出来やすいという理論

顧客との関係性を築くためには、一定の質以上で、頻繁に連絡を取り続けるといいというわけです。例えば、顧客の役に立つ内容など。

「頻繁」ということになると、実はEメールが強い

頻繁に送るとなると、LINEは、一斉メッセージをある数以上送るとお金が掛かり、かなり割高になります。個別に返信があれば、無料でやり取りできますが、公式アカウントに登録後、返信があるとも限りませんし、一人一人を個別に相手していたら、時間をかなり奪われてしまいます。なので、顧客リストの数が増えれば増えるほど、頻繁に連絡を取ることが、LINEではしづらいんですよね。

Eメールの場合は、どれだけ送っても、月額の費用に含まれているので、毎日メールを送ることも可能です。

ということを踏まえると、「関係性を築く」ことに関して、効率面やコスト面を考えると、Eメールが一番良いんですよね。だから、新たなメッセージツールが出てきても、「やっぱりメール」と再注目されるんだと思います。こちらで紹介している方法でも、Eメールを推しています。

「購入前までにそこまで関係性なんていらない」「ついで買いなど、衝動的に購入される」などの低単価ビジネス(飲食系など)ならLINEの方が良いでしょう。


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。