工務店・設計事務所のインターネット戦略は、まず「ホームページが集客する」という誤解から見直そう!

ホームページのスマホ対応(レスポンシブ対応含む)については、「焦らず大きなリニューアルのタイミングで対応しましょう。」というように諭していました。そうすると「まだしなくていいの?」みたいな話しになるのですが、するしないでいったら、した方がいいのです。

失礼承知で書きますが、住宅業界といえば、ネットに疎いことで有名です。そんな業界向けに書いているこのサイトですら、7割近い方がスマホからのアクセスです。

だから、確かにスマホ対応した方が良いことには間違いありません。

でも、大事なポイントはそこではないのです。地方工務店や設計事務所のインターネット戦略を、スマホ対応を交えて、掘り下げた内容を書いていきますね。

スマホ対応する前にチェックしてほしいこと。

WEBサイトの制作を依頼すると、それなりのお金が掛かるので、スマホ対応のサイトは凄いことだと誤解されがちですが、スマホ対応のサイトをつくるなんて、そんなに難しいことではないのです。

このサイトだって、1万円もしない有料テンプレートを使っています。無料のテンプレートだって、スマホ対応のものは存在します。だから、スマホ対応そのものは難しいことではないのです。

ですが、対応をする前に、確認しておきたいことが1つあります。それは、そもそも、スマホに非対応な今のWEBサイト(ホームページ)にアクセスはあるかどうか?ということ。今のホームページに十分なアクセス数があるなら、今までアクセスを集めていたページを活かし、スマホ対応したほうがいいでしょう。

そして、下記の3つの誤解も認識してほしいことです。

WEBサイト(ホームページ)に関する3つの誤解

誤解その1:WEBサイト(ホームページ)が集客する。

実は大半の方がこんな誤解をしてしまっています。

  • WEBサイト(ホームページ)=集客方法

この考えは間違いなのです。「集客」と「広告」の違いがここにあるのです。

ホームページそのものは「広告ツール」であり、「集客ツール」ではないのです。ネットの集客ツールといえば、「Adword」「Yahoo!リスティング」「SEO」などのアクセスを集めるものを指します。

だから、ただ単に、ホームページをスマホ対応しても、結果につながらないですし、「WEBサイト(ホームページ)が集客する。」は間違いなのです。

 

誤解その2:WEBサイト(ホームページ)があるだけでいい。

10年前ぐらい前までのネットの黎明期であれば、ホームページを持つだけで、集客は出来たんです。その頃はホームページを持っている工務店、設計事務所も少なかったですから、それだけで差別化に繋がりました。

また、サイト数も少ないわけですから、TOPページをちょっと作りこめば、検索エンジンでも優先的に上位表示されました。検索エンジンの仕組みも今ほど複雑ではなかったので、スパム的なズルで上位表示が簡単だった時代でしたからね。

でも今では、腐るほどサイトはあるわけですし、SEOもズルが効かない時代になってきています。だから、「WEBサイト(ホームページ)があるだけでいい。」は間違いなのです。

 

誤解その3:リニューアルしたら、見てもらえる人(アクセス)は増える。

例えば、店舗であるショールームを、北欧系の家具などを取り入れて、意匠も新しくリニューアルしたとしたら、どうするでしょうか?元々、お客さんが来ていなかったら、そのままでは誰も気付かないわけですから、来ないですよね?お客さんは増えないわけです。だから、そういう雰囲気が好きな人に届く媒体で告知しますよね。チラシとか、どこかに掲載したりとか・・・

でもこれが、ネットになると、ホームページのリニューアルのままでほったらかしな方が大半なのです。ネット上のサイトは、リアルの店舗と同じようなものですよ。元々のアクセス数がなかったら、上記と同じように増えることはありません。「リニューアルしたら、見てもらえる人(アクセス)は増える。」は間違いなのです。

 

集まる&集める流れを大事にしてほしい

上記の誤解例で挙げたように、ホームページだけでは集めることはできません。だから、必要なのは集めることです。集めるには、折込みやポスティングなどのチラシ広告、AdWordsやリスティングなどのネット広告などが必要になってきます。時間を掛けながらでも、検索からも見込みたいところです。

「お客さんがどうやってホームページに訪れるのか?」

こういった流入経路がしっかりしていないと、スマホ対応も効果につながりません。スマホ対応と同時に、集める&集まる仕組みも同時につくっていくことが求められますよ。

外部に頼むなら、制作会社の選定はすごく大事!

多くの工務店の方は、外部に依頼することが多いと思いますが、低レベルの制作会社に依頼してしまうと、この辺りをよくわからないままリニューアルしてしまいます。

下手すると、アクセスを集めているページを削除してしまったり、検索に載らない状態にしてしまったりして、売上を下げかねません。そうならないように制作会社選びは慎重に行ってくださいね。

s256_f_business_30_0bg

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


なぜ、財務に強い経営でお金が回る仕組みが必要なのか?

工務店経営者に「一番の悩みは何ですか?」と問うと、上手くいってる会社も上手くいってない会社も、「集客」と答えてしまいます。いち早く改善すべき問題や課題は、本当に「集客」なのでしょうか?

例えば、「顧客を得るたびに利益を失っている」とか、「顧客を得るためのコストが非常に高い」など、こういった状況で、広告宣伝費に投入し集客したとしても、無駄使いとなってしまいます。

つまり、経営が健全でない状態のまま投資をするということは、成長や利益を得ることに対して投資効率が悪いということなのです。だからこそ、事業に大きく投資する前に、たとえ今赤字であっても、お金が回る健全な経営にしておく必要があるのです。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。