小さな会社のブランド構築支援


小さな会社のブランド価値を高めるための問題を解決し、ブランドを創り育て、会社の見えない価値や良い所を伝えるために、コンサルティング、クリエイティブ、プロモーションをワンストップで提供いたします。

私たちは、オンライン上のコンテンツ配信、リアルな場での各種セミナー、各種ツール提供、個別コンサルティングを通して、小規模な会社を専門に、ノウハウやサービスを提供しています。

なぜ小規模の会社専門なのか?

元々は住宅業界の小規模工務店を中心に、マーケティングや経営コンサルティング、ブランディングを行っています。そこでの経験をベースに、地域の小さな会社を中心としたブランド構築支援に展開していきました。

素敵なのに良いモノなのに、知られていない・気づかれていない会社やお店・商品やサービスはたくさんあります。価値がありながらも、魅力が伝わってないこともあります。また、その逆で、会社やお店・商品やサービスが、価値を提供していないことにも気付かず、集客に奮闘していることもあります。

“ブランディング”は、なぜか大企業の方がつくりやすいという風に見られている節がありますが、ブランディングの優先順位は、「企業ブランド < 事業ブランド < 商品ブランド」です。

なので、商品ブランドに大きく影響する、商品・サービスのクオリティやそこに関連する想いやストーリーは、実は小さな会社の方が取り組みやすいため、売上や利益に繋がるブランディングを、ずっと早く簡単に実現することができます。

会社の特性を理解したうえで、ブランド価値を高めるための問題を解決し、ブランドを創り育て、会社の見えない価値や良い所を伝えるために、コンサルティング、クリエイティブ、プロモーションをワンストップで提供いたします。

 

「ブランド」とは何?

ブランドと言えば、値段の高さや、目をひく商品名、ロゴなどのイメージがありますが、それだけが「ブランド」というわけではありません。それらは表現の一つにしかすぎません。

ブランドとは、他者には無い、独特の価値ある特徴です。

それを構築するには、まずは基礎となる「人とお金」が必要です。

そして、土台となる「個性(自分らしさ)」と「一貫性」が必要です。

上手くいってない多くの会社が、まず「個性(自分らしさ)」がありません。個人レベルでみたら「どう生きたいのか?」「どう働きたいのか?」、企業レベルでみたら、「企業理念」などがありません。一貫性なくしてブランドを築くことはできません。立派な企業理念を掲げていても、理念が会社の実態と違っていれば、信用されることもなくなるでしょう。

それらが揃った上で、柱となる「顧客」「商品(サービス)」「マーケティング」「情報」が必要です。

それらの集合体が、ブランドを構築していくのです。

 

ブランディングをするメリット

商品・サービスの魅力、社長の想いから、「他社にはない良いイメージ」を言語化し、きちんとしたブランディングができれば、会社の独自性となり、会社のイメージも価値も向上し、成長に繋がります。

認知・イメージアップで、 新規顧客の獲得や売上アップに繋がる
価格競争に巻き込まれないので、利益を増やせる
強力な競合と比較されても、差別化できる
指命買いなど、選んでもらえる
地方から全国区へなど、より広い市場へ進出できる
社員のモチベーションが上がる
採用がしやすくなり、良い人材が来る
長期的な経営戦略が立てやすくなる

ただし、「ブランド」は、一度作ったらそれで終わりではありません。消費者とコミュニケーションを取りながら、柔軟に対応、変化させていくものでもあります。

 

作りたいけど、何をしたらいいの?

大きく分けると3つのステップになります。

1.「らしさ」を探す

商品・サービスの魅力、社長の想いから、「他社にはない良いイメージ」を言語化し、自社ならではの個性や価値を探し出しましょう。

2.「見える化」をする

「らしさ=個性や価値」を、目にみえるかたちに可視化して、「差別化」をはかり、会社の価値を向上させましょう。

3.「チェックと改善」をする

作ったらそれで終わりではなく、消費者とコミュニケーションを取りながら、いただいた反響を解析したり、市場の動向と合わせて分析し、改善していきましょう。

 

御社の状況に合わせたブランドづくりのサポートをいたします。
詳しくは下記ページをご覧ください。