5つに分類される情熱の真っ赤な薔薇

情熱って大事です。

普段、ツンデレでクールでドライであっても、
好きなことは、熱くいかなきゃ。

能力に合わせて、
情熱が大事だと感じている今日この頃。
 
 
ただこの「情熱」というのは、5つに分類されるようです

【自燃型】

何かを成し遂げてやる等の志を持ち、
自ら進んで情熱の火を燃やし、燃えた火を持続させるタイプ。
全体の5~10%ほど。
 
 

【可燃型】

自分からは燃えていないが、
誰かがマッチを擦ってくれれば燃えるタイプ。
全体の80%以上

【不燃型】

自分からも燃えないし、
人がマッチを擦ってくれても金輪際燃えないタイプ。
 
 

【消化型】

せっかくついた情熱の火を消してまわる人。
 
 

【点火型】

可燃型人間の心に情熱の火をともすことのできる人。
全体の5%ほど。
 
 
こうして分類されたものを見ると、
どれも当てはまったこと過去があります。

ひねくれた時は、【不燃型】でしたし、
病んでた時は、【消化型】でした。

もちろん、普通に働いているときは、
【可燃型】です。言われた事をやってるだけみたいな・・・

今は、自分で言うのもなんですが、
明らかに【自燃型】です。

そして、【点火型】です。自分にも点火しています。
火の大きさは小さいものですが・・・

でも、常に情熱の火を燃やし続けるのは
結構大変です。

それは、自分のレベルがまだまだってことなのかもしれません。
 
 
そんな情熱の火を維持するために、
今年から心がけている事があります。

■身近な目標と、将来の目標とを定め、追い続けること。

 ⇒ 自分を奮い立たせ、情熱を感じられる目標です。

■プラスのパワーを分けてくれる人と付き合う。

 ⇒ 会ったり、話をしたりすると、こちらまでやる気が湧いてくるような人です。

ぜひ皆さんも意識してみてください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。