WEBサイトからの集客に必要なのは「運営」すること!

「新しくホームページを開設したから、皆が見てくれて、問い合わせも増えるぞぉ!」

このような考えを持っている方は、
意外と数多くいらっしゃいます。

インターネットに疎い世代が多い業界だからこその、
勘違いなのかもしれませんね(苦笑)

publicidad-concepto
 
 
現在、ホームページやブログを含むWEBサイトの、
正確な数は誰も知る由がなく、
星の数以上に無限にあるとも言われており、

作成だけしたホームページやブログが
見つかることはほとんどありません。
 
 
またそれだけの数があるということは、
1日1日の情報の更新量・発信量も半端ないのです。

その中で、最終更新が1年前だったりしたら・・・
閲覧者は他へと流れてしまいますよね。

DKWwK0ndzZ
 
 
あなたのWEBサイトを魅力的にし、
さらに、検索され気付いてもらうためには、
「運営する」ことが必要なのです!

運営には、

・無料でできること
・有料でできること

さらには、

・やってはいけないこと

があります。
それでは、それらの方法を詳しく紹介しますね。
 
 
00518_2
 
 
 

WEBサイトで無料でできること

1.更新したり、新しくページを追加する。

流れの激しい現代ですから、少しの時間の経過でも、
様々なことが進化していってます。

もちろんWEBサイトも同じです。
その進化にWEBサイトが適していなければ、
どんどん廃れていくだけです。
 
 
適していくためには、
「更新」と「ページの追加」が、
最も行いやすい方法なのです。

例えば、ブログ記事を定期的に
更新することでも良いですね。

閲覧者にとって役に立つ情報や、
新しい情報を追加することが
行いやすい方法ですね。
 
 

2.ソーシャルメディアで伝える。

WEBサイトを更新したり、ページを新しく追加したなら、
facebookやtwitterなどのソーシャルメディアで、
周りの人に知らせましょう。

会社や事務所のソーシャルメディアではもちろんのこと、
さらには、あなた個人のソーシャルメディアでも
発信ができるといいですね。

「○○会社」が伝えるより、
「○○会社のAさん(あなた)」が伝える方が、
信憑性も高まるのです。
 
 
また、ソーシャルメディアでの告知文で、
「ブログを更新しました。http://www.○○○○~」
とする方が多いのですが、

これだけでは、質の良い反応を得ることは
なかなか難しいです。
 
 
ここで重要になってくるのは、ソーシャルメディア以上に、
コピーライティングのチカラが必要になってきます。

タイトルや紹介文で興味を持ってもらい、
いかにブログを読ませるところまで持っていくか。

ソーシャルメディアでの告知は、
コピーライティングのチカラに
かなり左右されてくるのです。
 
 

3.名刺やリーフレットにURLを加える。

昔からある当たり前のアナログ方法ですが、
意外とできていない方も多いですよ。

名刺やリーフレットに、ホームページやブログなどの
URLを印字しておくことはもちろんのことです。
 
さらには、URLをわざわざ打ち込む手間を
省くための手段として、

検索でトップに表示される独自のキーワードを
検索してもらうよう記載したり、
QRコードで読み込んでもらう方法もありますよね。
 
 
実は、印刷物からアクセスする人は、
印刷物よりも豊富な情報が欲しいから、
WEBサイトにやってきます。

それでわざわざ見にきて、廃れたWEBサイトだと、
二度と来なくなりますよね。。。
 
 
 

WEBサイトで有料でできること

有料は挙げたらかなりの数になるため、
費用コントロールができ、なおかつ効果的な
オススメの方法だけを紹介しますね。
 

1.PPC広告を出す。

PPCとは、Pay Per Click広告の略のことで、
グーグルアドワーズなどの、
クリック毎に課金される広告のことです。

設定した直後から掲載されるため、即効性が高く、
予算設定もできることから、
広告費をコントロールしやすい広告でもあります。

慣れてきて、1人辺りの顧客獲得単価を
算出できるようになれば、
広告費用から集客を予測できるようになります。
 
 
また、費用対効果の最適化を図ることができる
レポートを取ることできるため、
インターネット集客では定番の集客方法になっています。
 
 
 

やってはいけないこと

1.他のWEBサイトからコピーして記事を書く

Googleの検索エンジンは、非常に優れており、
検索者に対して検索結果には、
より質のいい情報を届けようとします。

そのため、他サイトからコピーされた内容だと判断されると、
評価が下がり、検索結果に上がってこなくなります。

なので、他サイトからのコピーはやめて、
オリジナルを作ることを意識しましょう。
Googleのこと以前に、コピーは著作権違反ですしね(苦笑)
 
 
もし他サイトの記事を使って、自分の記事を書く場合は、
引用という形式をとり、blockquoteタグ(引用タグ)を使います。

blockquoteタグを使えば、
Googleもコピーではなく引用と認識するようです。
 
 

2.Yomi系他中小検索エンジンへの登録

WEBサイトが検索の上位に
出てくるようにSEO対策として、

昔であれば、GoogleやYahoo以外に、
Yomi系と呼ばれる、無料のPR-Linkのような
相互リンク集へ登録をすることが
良いとされてた時代がありました。
 
 
ですが・・・Googleの進化により、
現在は過剰なSEO対策とみなされる可能性が高く、

このようなサイトを利用してしまうと、
逆に検索順位を落としてしまう可能性があるのです。
 
 

3.有料リンクの購入

自社のWEBサイトに、外部からのリンクを増やすことは
大事なことでもありますが、

お金を出してリンクを購入することは、
Googleが最も嫌うSEO対策でもあります。

そのため、今現在はほとんど効果はありません。
購入側のサイトもSEOスパムと認識される可能性があります。
 
 
いまだに、有料リンクはSEOの効果があると
勧めてくる業者もいますので、
気を付けくださいね。
 
 
 

結論:WEBサイトからの売上は、運営が決める。

WEBサイトは作っただけでは、
誰にも気付かれません。
ということは、売上には繋がらないということです。
 
 
2010年7月に、Yahooの検索システムが、
Googleと同じシステムになりました。

これにより、WEBサイトからの集客は、
いかにGoogleを制すかにかかってきます。

Googleは、検索者に対して
より質のいい情報を、
検索結果として届けようとしています。
 
 
ということは、

WEBサイトは、適した運営をすることにより、
多くの見込み客にあなたの情報を届けられる
素晴らしい集客媒体へと進化していくのです。
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem