スマートフォンからのアクセスを逃さない!

井内です。

ホームページをスマートフォン対応に
するのはまだ早いと思っていたら・・・

・・・それは危険信号ですよ。

ホームページからの集客ができているのなら、
次は、スマートフォンサイト対応に
することが望ましいです。

特に30代・30歳前後を
ターゲットとするなら、なおさらです。

最近のスマートフォンの普及に伴い、
スマートフォンからのホームページへのアクセスが
徐々に増えてきています。

実は住宅業界は、ライフサイクルが遅いため、
他の業界で流行ったことが
遅れてやってくる傾向が強いのです。

だから私も、少し前までは、

住宅業界で、スマホ対応は
まだ必要ないと思っていました。

ですが、お送りしました
レポートでもお伝えしたように、

2013年の3月のデータでは、、
新規訪問では35%を超え、
リピート訪問では50%を超えています。

現時点では、まだリピーターが多いですが、
スマホの普及率に比例し、今後は
さらに新規客が増えてくると予想されます。

すでに他の業界では、
スマホで新規客を集客することが
増えてきています。

住宅業界では、資金力のある
大手ハウスメーカーはすでに対応済みです。

それにならってか、
工務店にもその動きが出てきています。

ですが、設計事務所はまだまだなのです。

何度もホームページに訪れ、
情報を確認したいという、リピート訪問者の行動を、
確実に受け止めるためには、

パソコン用のサイトだけでなく、
手軽にアクセスできる
スマートフォン用のサイトが必須となってきます。

ユーザーとしては、
わざわざパソコンを起動して見るより、

リビングでくつろぎながらスマホで見る方が、
気楽で簡単なのです。

実はこれは、売上をあげるために必要な要素である、
接触頻度(購入頻度)を高めることに繋がるのです。

集客力をあげるなら、
しっかりPCサイトを作りこみ、

さらに、スマホ対応にすることで、
見込み客を逃さないようにしましょう。

では、またメールします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem