同じジャンルのプロは何人もいてもいい。でも・・・

大和ハウスが、近藤典子氏と同社の住宅提案スタッフがオーナー宅に訪問し入居後の収納の悩みを解決する「暮らしごこち訪問診断」を、新コンテンツとして公開しています。

住み始めてから気付く、暮らしや収納の問題を住まい手にヒアリングし、問題とその解決策を動画で分かりやすく解説する内容になっています。

大和ハウス、入居後の収納の悩み解消するサイトを公開

近藤典子さんは、片づけ業界ではかなり古株です。「暮らしのスペシャリスト」として、2000件以上の住まい・収納の悩みを解決してきています。

近藤典子さんというと、細かく決め決めで収納していくイメージが強いですが・・・

 

 

同じジャンルのプロは何人もいてもいいけど、頭角を出すなら・・・

片づけ業界には、近藤典子さん以外にも、

家事塾、元祖「捨てる!技術」の辰巳渚さん
http://tatsumi-nagisa.com/

断捨離のやましたひでこさん
http://www.yamashitahideko.com/

片づけの魔法の近藤麻理恵さん
http://konmari.com/

がいらっしゃいますね。

 

各々をよくみると、ターゲットにしている年齢層と、
ご本人の年齢層が上手くにリンクしてますよね。

また、売り方、露出している媒体などを見ると
自身を売り出したい方は参考になります。
ひとりで全ての需要を満たすことはできないため、
同じジャンルのプロは何人もいてもいいです。
ですが、頭角を出そうとすると、他と違う切り口が求められます。

一番後に出てきた、こんまりさんは、パワースポットに絡めて、
30歳前後の女子ウケするキーワード「ときめき」で語っています。

 

自分の強みと対象者を明確にし、一番届く「商品」で売る。

いつか見つけてもらえるほど世の中甘くありません。
実力に自信があるならなおさら、自分をPRする演出は必要です。

実力が伴わなければ、素直に認めて必死で努力する。
PRが足りないなら、手法を学んで必死で売り込む。(外部に頼んでもOK)

「自分で自分を売り込む」のはちょっと・・・と思う方はぜひ、
それぞれのサイトや著書をチェックしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

2 件のコメント