PRする時、住宅は主役でなくていい

グラスウールメーカーのマグ・イゾベールが、アニメを起用したPR動画をウェブサイト上で公開しています。

マグ、アニメ動画で高断熱のメリットをPR

アニメ動画で高断熱のメリットをPR

アニメ動画で高断熱のメリットをPR

企業の目的は、消費者に対して、

親しみやすいキャラクターを使ってアニメ仕立てにすることで、省エネの手法をわかりやすく説く。

らしいのですが・・・

 

伝える側が理解していない「商品が主役」のプロモーション

このようなキャンペーン企画のほとんどは、すでに付き合いのある広告代理店からいくつか提案を受け、その中から選ぶケースが多いですね。そして最終的に、事業部長やマーケティング責任者が内容を決定していきます。

当然ながら、事業部長やマーケティング責任者は、商品に対しての思い入れが強いため、

「もっと商品を前面に出して、強くアピールできないのか?」
「他社商品との違いを、もっと明確に打ち出せないか?」
「何度もサイトに来てくれる仕掛けをつくれないか?」

など、商品を愛するがゆえの主張や要望がでてきます。そして、それを請け負う代理店側は、お客様である企業の要望に応えるべく、作業を進めていきます。(本来は代理店側がここで気付くべきなのですが・・・)

その結果・・・よくある「商品が主役」のプロモーションができあがり、そして失敗していきます(苦笑)

 

消費者は、商品に対しては無関心である。

消費者は、その商品が他の商品と比べて、明確な違いを見抜けるほど、知識があるわけではありません。さらには、メーカー・企業側と同じくらい、その商品のことを考えるてるわけでもないですし、発売を待っているわけではありません。

いわゆる、無関心です。というより、身近にある他の課題や出来事で、関心を持っていられないという方が近いかもしれません。

ですが・・・

メーカー・企業側は、商品のことを愛しています。さらに、開発から携わっていると、愛着は半端なものではないでしょう。46時中ずっとその商品のことを考えているでしょうし、競合商品と比べて何がどう優れているのか、独自の強みもあることでしょう。

さらには、「使ってもらえさえすれば、必ず満足してもらえる」と強く信じています。良い商品を作っているところほど、こういった熱い傾向が強いのではないでしょうか。

このように、買い手と売り手との間にある”温度差”が、失敗へとつながる要因でもあるのです。

 

やはり大事なのは「消費者の視点」

物が不足していた時代であれば、商品力で売れていましたが、そんな時代はもう終わっています。市場には、選べないほどの商品やサービスが存在し、それに比例して、関連する情報もあふれています。にもかかわらず、

「いい家をつくれば売れる」
「いいデザインをすれば売れる」

などの商品力で押しているところは多いですね・・・

自分が消費者の立場だったらどう思うだろう?

売り手側でありながら、いち消費者としての消費者感覚。そこに大きなヒントが眠っていますね。住宅は主役でなくていいんです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem