お客さんを惹きつける卑怯な言葉を教えます!

お客さんを惹きつける、
卑怯な言葉があるのを
知っていましたか?

私もこの言葉の使い方を知った時、
「この言葉は、ずるいなぁ・・・」
と思ってしまったほど。

また、営業スキルが高い方も、
よく使っていたりしますし、

さらには、DMやチラシ、
ホームページなどにも使うことができます。

例を挙げると・・・

「英語は身につけたほうがいい」
というような言葉。

・身につける
・身につけない

だったら、身につける方が良いですよね。

つまり、
「できないよりできたほうがいい」
というような、

「否定できない(わかりやすい)言葉を使う」

ってことなんです。

住宅関係で言うなら、

「自分らしい暮らし」
「楽しい家づくり」
「子育てにやさしい」
「家族で食卓を囲む」

というのもそれに当たります。

自分らしい暮らしは、
誰もがしたいことですし、

どんよりするより、楽しく
家づくりする方がいいですよね。

また、これから家を建てようという家族に、
子育てや家族のつながりを
否定的に考える方はまずいないでしょう。

こういった言葉を、
DMやチラシ、ホームページなど
いろんなところに使っておきます。

すると、その言葉に引っかかって、
興味を持ってくれやすくなります。

また、その言葉をイメージさせる
ビジュアル・写真もあると効果的です。

ホント、この言葉の使い方は
卑怯なんですよ。

否定すると、否定した側が
悪者のように感じますから(笑)

まだ私も気付いていない言葉も
たくさんあると思います。

ぜひ発見してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem