生誕100年で再注目される建築家・増田友也

2014年の今年は、京都大教授を務めた建築家・増田友也氏(1914~81年)の生誕100年の年である。そして、本日・8月14日は彼の命日である。

建築家・増田友也

建築家・増田友也

 

建築家・増田友也とは?

経歴

1960年代に独自のスタイルによる建築を多数発表。京都大学で増田研究室独創的な建築空間論を確立した後、夢窓疎石の禅的な建築空間論研究から有形の作品を超えて道元の思想世界へと昇華し、ハイデッガーの建築的存在論へと展開。そしてその思索は「建築以前」へといたる。

1970代後半になって低迷していた財団の活動を活性化するため、当時の山路進理事長、谷山輝雄理事らによって京都大学工学部建築学科教授で建築家の増田友也が進めていた建築・都市の学際的な研究活動を支援する提案がなされ、1977年、関西における事業として支援をおこなった。

主な作品

  • 東山会館 :1963年
  • 鳴門市役所・鳴門市民会館 :1963年 市役所の各別館も増田研究室によって整備 DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築
  • 鳴門市文化会館 :1982年
  • 鳴門市勤労青少年ホーム :1975年
  • 鳴門市老人福祉センター :1977年
  • 京都大学総合体育館 創立70周年記念体育館
  • 京都市蹴上浄水場本館 :1962年
  • 京都大学工学部1号館、同6号館、同8号館
  • 京都大学大型計算機センター計算機室
  • 智積院信徒会館 :1966年
  • 豊岡市民会館 :1967年
  • 洲本市庁舎 :1961年
  • 衣笠山の家 :1962年
  • 京大会館計画案 :1964年-1969年
  • 万博計画計画案 :1966年
  • 福岡ワカ末ビル :1965年
  • 西日本カントリークラブ 直方コースクラブハウス
  • 京都大学原爆災害総合研究調査班遭難記念碑

wikipedia

 

東の丹下健三、西の増田友也

「東の丹下健三、西の増田友也」と言われてた時代があったが、丹下氏が大阪万博や東京都庁舎などの、大きな事業を次々と手掛ける陰に、増田氏は徐々に隠れてしまうのであった。正直、建築関係の人でも増田友也氏のことを知らない人は多い。

個人的には、野球選手で例えるなら、丹下健三=長嶋茂雄、増田友也=野村克也のような気がする。

建築家・丹下健三

建築家・丹下健三

大阪万博の大屋根

大阪万博の大屋根

東京都庁舎

東京都庁舎

 

生誕100年を迎え、再評価される動き

しかし、近年になり、老朽化などの理由から、増田氏の建築作品が解体され始めており、改めて彼の建築に日が当たり、再評価される動きが出ているようだ。

kentikuron

増田友也 ―― その建築作品の世界

 

建築家・増田友也と井内智哉の関係性

増田氏と井内とは、不思議な関係性が存在する・・・

下記、井内が建築に関わり始めてから知ったことである。正直な話、未だに増田氏のことはそんなに詳しくないのだが…

  • 増田氏の弟子・喜多村氏の弟子が、井内の父である。
  • 増田氏が亡くなった年に井内は生まれる。(数カ月後)
  • 父曰く、井内智哉の「智哉」は、増田友也の「友也」からきているとのこと。
  • 増田氏は多くの建築家を育てた教育者でもあった。井内も教育にチカラを入れたいと考えている。
  • 増田氏は意匠派というよりは、研究派。井内も意匠やデザインより、分析とかの方が得意。
  • 増田氏は元京都大学工学部教授。井内も大学進学するなら関西候補は京都大学だった。
  • 増田氏は建築的空間の原始的構造という研究をしていた。井内は昔、デザインを学んでいた頃、絶対的デザインという全てに共通する普遍的なデザインを探し出そうとしていた。頭がおかしくなりそうで断念(苦笑)

 

父が孫弟子で、亡くなった数カ月後に生まれるって…生まれ変わりではないにせよ、スピリチュアルな話だけど、これまでまったく学んでこなかった建築や住宅の道に進んだのも、増田氏の影響があったのかもしれない。不思議な関係性・共通性はあれど、つい最近まで井内は増田氏のことは知らなかった訳で…

もしからしたら、最初から建築という道に進んでいたら、設計をし、増田氏と同じようなことをしていたのだろうか?増田氏を知れば知るほど、共通するところがあり、何か近いものを感じてしまう。

もう少し彼のことを知らないでおこう。もしかしたら、より意外な関係性や共通点が後々見つかるかもしれない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem