リスクがあると動かない!住宅リスクも自分でコントロールできるなら一歩踏み出せる?

好きなテレビ番組の一つに「FOOT×BRAIN」があります。

footbrain

ビジネス・科学・芸術など各界のプロフェッショナル達による独自の視点からサッカーを分析し、「日本サッカーが世界で勝つため」のヒントを提言していく番組です。

住宅業界のレベルアップのために、こういう番組作りたいですね。

9月27日の放送では、ゲストに脳科学者の中野信子氏をお招きして、日本人に合った指導法という内容でした。

目からウロコ!脳科学から見るサッカー上達法!

脳科学の第一人者・中野信子氏をスタジオに迎えて、今回は「日本人はサッカーに向いているのか?」を大きなテーマに、新たな視点からサッカーについて考えます。民族的に欧州、南米、アジアでは何か違うのか?従来は肉体的な面での差が語られることの多かったこの手の比較に、番組は脳科学の分野からアプローチ。日本人の特性を脳科学の分野から考えると、今までとは全く違ったトレーニング方法がわかるかも…今回も必見です!!

 

どの方法が一番効率よく覚えるか?

話の中で面白かったのが、子どもたちに合った指導法として「左に行くことを覚えさせる、一番効率よく覚えさせる方法は?」というが興味深かったですね。

左に行くことを覚えさせる、一番効率よく覚えさせる方法は?

20140928foot

1.アメとムチ
2.アメのみ
3.ムチのみ

 

答えは2のアメのみです。上手くいった時は褒める。失敗した時は何も言わない(考えさせる)。という、2のアメとムシ(無視)が最も適しているという答えでした。

電流のショック(ムチ)があるとわかると、受けないことを優先して、迷路に入らなくなるようです。「あくまでも実験心理ですけどね」と中野氏は言ってますが、当たってますね。

 

だけど、ムチ(リスク)がない現実なんてない

FOOT×BRAINの例は指導法ですが、よく考えるとこれって、ビジネスやプライベートでも同じことですよね。ビジネスでもプライベートでも、リスク(ムチ)があるとわかると、大抵は不安で行動を起こさなくなります。

現実的には、リスクはなくなりませんし、リスクをゼロにしている人なんてみたことがありません。

でも、そのリスクを減らすだけ減らし、リスクがあっても自分で上手くコントロールできるようなら、一歩を踏み出せるのではないでしょうか?

住宅においても様々なリスクがあります。家のこと、お金のこと、土地のこと・・・そういったリスクを、住まい手自身がコントロールできるようになるなら、家を作ることに一歩踏み出せるのではないでしょうか。その辺の手伝いを、工務店や設計事務所の作り手側がしていってもいいですよね。

家づくりは、「子どものために」という感情が大きな原動力ですので、気持ちが切れると踏み出せないですし、また、舞い上がって、なかなかリスクに目が行かないことが多いのも事実です。

いい家やいい暮らし方を実現するためにも、作り手も住まい手もレベルアップのために、FOOT×BRAINみたいな番組を作りたいですね。脳科学×住宅という切り口も面白そうですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem