提案する住宅の良さは教育で導いていこう。

遅ればせながら、映画「スティーブ・ジョブズ」を観ました。

誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織に所属するのに向いていないと悟った彼は、自分のような友人らと自宅ガレージをオフィスにしてアップルコンピュータ社を設立する。革新的な商品を次々と放ってはヒットさせ、たった4年で株式の上場に成功、IT界の寵児(ちょうじ)となるジョブズ。しかし、意見の相違がある社員は問答無用で解雇、創立時メンバーを冷遇するなど、独善的な言動を繰り返すように。その果てに、彼は自身の会社から追放されてしまう。

映画の内容が良い悪いはさておき、興味深かったのはマーケティングに対する考え方です。

 

未知で欲しいものを売り、教育で導く

世間一般で言われているマーケティングの考え方は、
人々を調査し、人々が欲しがるモノを知り、それを売ること。と言われています。

でも、スティーブ・ジョブズは、その逆の、

顧客は自分が本当に欲しいものなんてわかっていない。
だから、まだ見たこともない「本当に欲しいもの」をつくる

ということで、人々を調査し、人々が知らないけれど人々が欲しがるモノを知り、それを売っていたのです。

さらには、未知ということは、欲しいかどうかすら気付ていないわけなので、そこに「教育」を取り入れ、未知の人々を「欲しい」へ導くわけです。つまり、

未知で欲しいモノを教育で導く

というやり方をしているのです。これって、最良のマーケティング手法な気がします。

 

提案する住宅の良さは教育で導く

ジョブズのようにまったく新しい住宅を提供できることは、まずないでしょうが、
価格や性能などの数字勝負をしないなら、「教育」にチカラを入れるべきですよ。

なぜなら、住宅のことを何も知らない顧客に要望を聞けば、「より安い」「より良い」ものを求めてきます。それがその人達の価値なので、当然のことです。

まだ家のことを知らない人達にとって適した、本当に価値のあるモノを提供できるなら、「教育」で導いてあげるのが、最良の方法ですね。

自然素材を使っているなら、自然素材についての教育が必要ですし、
デザイン性の高い住宅なら、デザインについての教育が必要です。

「教育」には、知識や経験、技術といった本質に加え、お客さんのことを理解し、伝えるチカラも必要になります。

  • ちゃんと伝えられるほど、家のことを理解しているだろうか?
  • ちゃんと伝えられるほど、お客さんのことを理解しているだろうか?
  • ちゃんと伝えられるほど、伝えるチカラが備わっているだろうか?

押さえるべき、大事なポイントですね。

 

 

それにしても、ジョブズを演じたアシュトン・カッチャー、似すぎです(笑)

アシュトン(上)、若い時のスティーブ・ジョブズ(下)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem