施主が感じる価値を表現してブランディングしていく!

コーヒーチェーンのスターバックスって、あれだけブランド力が高くて根付いているのに、CMや広告をほとんど出さないですよね。

以前、「住宅業界のスタバはまだいない!?」という記事を書いたことがありますが、今回は参考に、動画の作り方にスポットを当ててみたいと思います。ここに、ブランディングのヒントが眠っているような気がします。

スタバの動画には人だらけ!?

スタバのYoutubeチャンネルを観ると、興味深いのが、たくさんの動画のほとんどが人が中心なんです。もちろん、コーヒーが中心のものもありますが、公開されている動画の半分以上が人中心の内容なのです。

例えば、下記の映像「Meet Me at Starbucks」というタイトルの内容では、

ライフスタイルの中で生まれる様々なキーワードを、家族や恋人、友達や同僚などと過ごす場所として、お店は存在しているということを表しています。

他にも、上記の映像素材を元に、短く編集された映像がいくつかありますが、個人的には下記の映像ぐらいのテンポが好きですね。

これらの映像で伝えたいのは、まさに、特別な場所=コミュニティですよね。商品であるコーヒーなんて、ちょこっと映っている程度ですよ(笑)

数あるコーヒーショップに対抗するには、商品であるコーヒーだけで勝ち抜くことを考えず、お客さんが感じる価値=“プラスα”を表現しています。

これらの考え方って、本来、家族が家に求める価値観を描くことと近いんですよね。

 

ブランディングの大きな勘違い

業界内でも間違った考えが浸透してしまってますが、

ブランディングって、販促物を作るとか、デザインを統一するとかって勘違いされやすいんですけど、それらはあくまで手段であって、大事なのは、

  • お客さんが感じる価値 ⇒ 売れる ⇒ ブランド

です。ここを見失うと魅力がないものが出来上がりますし、制作会社も作ることがブランディングだと勘違いしてたりしますからね(笑)

お客さんが広告に出る関係性が集客の元にもなる!

上記のスタバの例は、商品がメインでなくても、ブランド力を上げるには、お客さんのチカラが有効的だという良い例ですよね。

ただ、動画や写真で表現しようと思うと、まずは、施主が撮影に参加してくれるような関係性が必要です。ですが、裏を返せば、参加してくれている時点で、ある一定の関係性があるってことの証明でもありますよね。

だから、ウソをついてはいけないのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem