阿藤快さんの住まい論「賃貸でも持ち家でも、居心地が良ければどっちでもいいんじゃない?」

「なんだかなぁ」が口癖の、俳優の阿藤快さんが、亡くなられました・・・阿藤さんと言えば、俳優よりも、「ぶらり途中下車の旅」の旅番組の印象が強いです。

俳優の阿藤快さん(69)が15日午後、東京・新宿区内の自宅で死亡しているのが見つ­かりました。病死とみられます。 警視庁などによりますと、午後2時ごろ、阿藤さんが仕事に来なかったことを心配した事­務所の関係者が、新宿区にある阿藤さんの自宅を訪ねました。

事務所のサイト拝見して初めて知りましたが、こういうこともやっていたんですね。ラップアプリと目覚ましアプリです(笑)

banner01

阿藤快の元気が出るラップ

banner02

阿藤快眠時計 なんだかすてきだなぁ〜

 

阿藤快さんの住まい論

住友不動産販売のサイトで特集されている、阿藤快さんの住まいに関わる話が興味深いですよ。

賃貸でも持ち家でも、居心地が良ければどっちでもいいんじゃない?

住まいに執着はない。居心地がよければそれでいい。

もともと、物に執着がない性分のせいか、家を欲しいと思ったことはないんです。賃貸でいいかな、と。賃貸と分譲のどちらが損得っていう話もあるけれど、何よりも家っていうのは心地よく住めることが大切じゃないかと思いますね。俳優は生涯現役だから、僕はやっぱり利便性のほうを優先するかな。都心には都心の良さがあるから、多くのことを求めすぎない。自然に触れたければ旅をすればいいしね。

俳優という職業柄、利便性を求め、都内の賃貸を選ばれているようです。この年代で、物に執着がないというのは珍しいですね(笑)

「賃貸と分譲のどちらが損得っていう話もあるけれど、何よりも家っていうのは心地よく住めることが大切」という部分は、住にとって大事なことですよね。損得の差なんて、永遠の悩みと言われるぐらい微妙なんですから・・・

ぶらり「快」的うまい旅 (ソフトバンク新書)

ぶらり「快」的うまい旅 (ソフトバンク新書)

  • 作者:阿藤 快
  • 出版社:ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008-04-16

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem