工務店・設計事務所がブランドを成熟させるのは長い道のりが必要。

地域であれ、企業であれ、

各地で、この厳しい経済状況下を乗り越えようと、

取り組まれているのを目にするけど、

ブランド作りは、ホント難しい

ブランドとは、

(地域の)資源を生かして、(その地域)ならではの魅力を商品化し、

さらに他の(地域の)人々に買っていただくことで、

(地域の)活性化につなげようとするもの

しかしながら、これがなかなか上手くいかない模様

何故なのだろうか?

「ブランド」とは、

「制作者側の価値ではなく、

受け手である顧客がどのようにその価値を見出すか」

である。

それを手にすることで、

心地よく感じたり、今までにない感動を持ったり、幸せを感じたり・・・

そんな経験の積み重ねがブランドを作っていくのだと感じている。

だから、当然のごとく、時間もかかる

作り手がどんなに「これはすばらしい商品だ」と声を上げても、

伝わらなければ無駄な努力となってしまう

もちろん始まりは、

作り手の思いがなくてはならない

ただし、それを価値とか魅力に進化させていくためには、

それなりのプロセスが重要なはずである。

そしてそのプロセスこそが、顧客に対する戦略でもある

思いをカタチにするには、

自分の経験・体験から生まれたニーズを

具体的に商品に落とすことが重要である。

つまり、買い手である顧客に共感をもってもらうこと

今の時代、安易なコピーやデザイン、キャラクターでは、

顧客の心は動かせないのは明白

では、まずはどうやって顧客の共感を得るのか?

それには徹底して、顧客であるお客さまと向かい合ってみることだ。

そして、顧客(消費者・生活者)目線で、

提供する商品やサービスをあらためて

見直してみるところから、始まっていくのだろう。

ブランドを成熟させるのは長い道のりだ・・・


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。