学ぶための最初の一歩は、目的を持つこと

たくさんの刺激や情報を得たくて、

いろんな方の話を聞いたり、
セミナーに行ったり、勉強会に行ったり
美術館行ったり、展覧会行ったり、

するのですが、

その中で、最近は人の話をよく聞くようになりました。
 
 
二十歳前後の頃は、

「面倒くさいなぁ・・・他にもやることもあるしなぁ・・・」とか、
「本当にこの人から学ぶ価値があるのかな?」とか、
聞いているようで、聞いてないことばかりでした。

でも、最近は不思議なことに、

相手の話す内容や質に関係なく、
必ず受け止めるようにしています。

以前は、人によっては聞かなかったり、ムダだったなと、
思うことが結構ありましたが、今はほとんどありません。
話の内容が良かれ悪かれ、必ず一度は受け止めます。

・・・なぜでしょうか???

多分、自分の中で「学びたい」という意識をしてきたことが
大きく影響しているのかもしれません。
 
 
学ぶための最初の一歩は、

「目的を持つ」というのが良いと感じています。

もちろん、人の話だけではなく、
仕事だって、勉強だって同じです。

とはいえ、「目的を持つ」って難しいです
 
 
個人で動くぶんには、目的は
その人が好きに決めれば良いと思ってます。

でも、関わる人数が多くなる場合は、
「目的の共有」が大事なんだと感じてます。
 
 
何年か前から、芸人の有吉弘行さんが、

「番組のために」「一番に番組の事を考える」

という言葉をよく使っています。
その結果、いまや引っ張りだこです。

好き嫌いはあるでしょうが、
ここ数年で一番力をつけた芸人だと思ってます。

「目的を持つ」

ちょっとした意識でステップアップできるのだから、
楽しくできるはずですよね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。