家のカタチや大きさが見えない方が増加中

イケアのこんな記事をみて、びっくりしました。

「サイズ間違いをしたことがある顧客」は14%

イケアが顧客の行動を少し調べたところ、70%以上が自宅で家具を置く場所の実際の大きさを知らず、約14%が間違ったサイズの家具を購入したことがあることがわかったのだという。

確かに購入者のほとんどは、専門的な目をもっているわけではないので、家に置いたときの見え方とかバランスとか、判断することが難しいですよね。

ikeaar

イケアでは、こうした問題を解決しようと、拡張現実(AR)によって、家具を3D視覚化させています。

 

70%が大きさを知らない、14%が間違ったサイズを購入する・・・

インテリアでもこういう状況ですから、もちろん家づくりでもこれはおきてます。

実際、

  • 図面、写真を見てもわからない
  • CG、模型を見てもわからない
  • 実際に出来上がった建物を見てもわからない

こういった「カタチや大きさが見えない」方は増えてきてます。いわゆる「空間認識能力の欠如」ですね。

そして、わからないから、イメージと違うと言い、何度もやり直しをさせられる・・・というクレーマーと紙一重な方も増えてきています。

これを解決するには、空間認識能力の上げる訓練をするしかありません。ですが、1~2回のセミナーやワークショップで上げられるほど、簡単なものではないです・・・

「カタチ」というモノだけでのセールスでは通用しなくなる傾向の表れですね。

論理的に伝える、ベネフィットを伝える、信頼関係を築く。など色々な切り口が必要になってきますね。

・・・正直、カタチが見えないって、相当ハードルが高いです。

 

追伸

拡張現実は、もう少し汎用性が高くなれば、今後、名刺や図面にも、うまく使えそうですね。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。