家のカタチや大きさが見えない方が増加中

イケアのこんな記事をみて、びっくりしました。

「サイズ間違いをしたことがある顧客」は14%

イケアが顧客の行動を少し調べたところ、70%以上が自宅で家具を置く場所の実際の大きさを知らず、約14%が間違ったサイズの家具を購入したことがあることがわかったのだという。

確かに購入者のほとんどは、専門的な目をもっているわけではないので、家に置いたときの見え方とかバランスとか、判断することが難しいですよね。

家のカタチや大きさが見えない方が増加中

イケアでは、こうした問題を解決しようと、拡張現実(AR)によって、家具を3D視覚化させています。

 

70%が大きさを知らない、14%が間違ったサイズを購入する・・・

インテリアでもこういう状況ですから、もちろん家づくりでもこれはおきてます。

実際、

  • 図面、写真を見てもわからない
  • CG、模型を見てもわからない
  • 実際に出来上がった建物を見てもわからない

こういった「カタチや大きさが見えない」方は増えてきてます。いわゆる「空間認識能力の欠如」ですね。

そして、わからないから、イメージと違うと言い、何度もやり直しをさせられる・・・というクレーマーと紙一重な方も増えてきています。

これを解決するには、空間認識能力の上げる訓練をするしかありません。ですが、1~2回のセミナーやワークショップで上げられるほど、簡単なものではないです・・・

「カタチ」というモノだけでのセールスでは通用しなくなる傾向の表れですね。

論理的に伝える、ベネフィットを伝える、信頼関係を築く。など色々な切り口が必要になってきますね。

・・・正直、カタチが見えないって、相当ハードルが高いです。

 

追伸

拡張現実は、もう少し汎用性が高くなれば、今後、名刺や図面にも、うまく使えそうですね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。