ターゲットを絞り込んだ「離島キッチン」

先日、茨城県水戸の「離島キッチン」で食事をしてきました。

ターゲットを絞り込んだ「離島キッチン」

日常に『離島』という名のごほうびを。離島キッチン

「離島キッチン」は、島根県隠岐郡海士町(あまちょう)の観光協会が運営している、全国の離島の美味しいものをお届けするお店で、隠岐(海士町)、対馬、岩城島、奄美大島、久米島、佐渡島など、離島がもつ贅沢な味わいを心から楽しめる食事処です。なんでも、もともとはキッチンカーで縦横無尽に日本を飛び回っていたようです。

 

ターゲットの絞り込みをしているから・・・

離島キッチンは、郷土料理の中でも「離島」というジャンルで、ターゲットを絞り込んでいるため、隣近所の飲食店との差別化があり、良い意味で異質になっていました。だから、郷土料理に興味がある方は、ふらっと立ち寄りますよね。

ビジネスはそもそも、相手の悩みや問題を解決することで成り立つもの。その解決するものとして、商品やサービスがあるわけです。それは家づくりも同じですよね。

どんなに素晴らしい商品やサービスでも悩みも問題もない人には売れないのと同じで、
どんなに素晴らしいデザインや間取りでも、家を建てたくない方には売れません。

どうすれば売れるようになるのか?

そのためには、

絞り込む

を意識してください。別の言い方をするなら、

「○○専門」

の○○を考えるということです。

ワンダという缶コーヒーは、この絞り込みを化させることで、売上を2倍以上アップさせました。その方法は、「朝専用」という缶コーヒーにしたことです。これは、時間軸をもとに、絞り込みをしています。ワンダは、商品を変えたのではなく、朝専用という絞り込みをしただけなのです。

ターゲットを絞り込んだ「離島キッチン」

ワンダ モーニングショット

「朝専用」の発売は、2002年なので、これは、某アイドルグループがCM出演する前から、行っていることです。

https://www.youtube.com/watch?v=Ws7t14F3e14″]

たったそれだけのことで、売上が2倍以上アップするわけです。時間以外にも絞り込むことのできる要素は数多くあります。

    • 性別で分ける
    • 年齢で分ける
    • 業種業界別で分ける
    • 趣味、思考で分ける
    • 地方で分ける

などなど。

いまや、「建築家」という肩書きの方は、かなりの数が増えました。また、住宅をデザインする方々の数で言えば、数え切れないほどの方がいます。2000年頃であれば、「建築家」は住宅ではまだ遠い存在であったため、貴重性から、その肩書きだけでも、仕事へと繋がりました。

ですが、かなりの数のいる今ではそうはいきません。

数が増えたため、他とどう違うのかが一般の方にはわかりにくいのです。だからこそ、「絞り込む」ことが重要になってくるのです。

あなた自身のターゲット戦略はつかめそうでしょうか?「その他大勢」にはなりたいくないですよね(笑)

ターゲットを絞り込んだ「離島キッチン」

ドリルを売るには穴を売れ

  • 作者:佐藤 義典
  • 出版社:青春出版社
  • 発売日: 2006-12-23


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。