プラン提案にも使えるオリンピックのプレゼン戦略

スポーツの祭典であるオリンピック、今回の東京への誘致に関して、“この人”の功績が大きい、と言われています。

ロンドン、リオデジャネイロ、東京と3都市連続で招致獲得へと導いた、五輪コンサルタント「ニック・バーリー氏」。招致活動­のメッセージ策定からプレゼンテーションの戦略や草稿の執筆までを手がけ、”五輪招致­の請負人”と言われている方です。

プラン提案にも使えるオリンピックのプレゼン戦略

先月、『世界を動かすプレゼン力』を出版され、その出版記念のセミナーが、ダイジェストで公開されています。

ニック式、プレゼンを成功に導く戦略―『世界を動かすプレゼン力』出版記念セミナーダイジェスト

プレゼン成功請負人である著者が利用している「7つの戦略」を紹介しています。

プレゼンを成功に導く7つの戦略

戦略1 まずは算数から(DO THE MATH)

・・・与えられた条件から計算する

戦略2 オーディエンスを理解する (KNOW YOUR AUDIENCE)

・・・相手について、できるだけのことを調べていこう

戦略3 インパクトを演出する( MAKE AN IMPACT)

・・・プレゼンの中に驚きの要素を入れよう

戦略4 インパクトを持続する(KEEP MAKING IMPACT)

・・・観衆を飽きさせないために考えるべきこと

戦略5 視覚に訴える(BE VISUAL)

・・・ビジュアルは賢く、適切に使おう

戦略6 明確なヴィジョンを持つ(BE VISIONARY)

・・・プレゼンでは必ず新しい視点を提供しよう

戦略7 パフォーマンス(PERFORM)

・・・優れたストーリーを練習で補強する

7つの戦略の概略は以上となります。また、ダメなプレゼンについても答えています。

-よくある“ダメなプレゼン”はなんでしょう?

自分のことばかりを語るプレゼンですね。最初に触れた通り、自分が話したいことではなく「相手が聞きたいこと」を心に響くストーリーに仕立てて話すことがいちばん重要なことです。一見、簡単にできそうですが、これがなかなか超えがたいハードルのようです(笑)

wired.jp

この7つの戦略は、プレゼンをしていく上で、ベースとなりそうですね。プラン提案のベースに取り入れてみてはいかがでしょうか。

商談の場や社内ミーティングにおいて大切なことは人の心を動かすことですし、そのためには、やはり伝えたいことを自分の言葉にしてプレゼンテーションすることが最も大切と言われています。効果的なプレゼンテーションの基本を学んでみてもいいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。