プラン提案にも使えるオリンピックのプレゼン戦略

スポーツの祭典であるオリンピック、今回の東京への誘致に関して、“この人”の功績が大きい、と言われています。

ロンドン、リオデジャネイロ、東京と3都市連続で招致獲得へと導いた、五輪コンサルタント「ニック・バーリー氏」。招致活動­のメッセージ策定からプレゼンテーションの戦略や草稿の執筆までを手がけ、”五輪招致­の請負人”と言われている方です。

book

先月、『世界を動かすプレゼン力』を出版され、その出版記念のセミナーが、ダイジェストで公開されています。

ニック式、プレゼンを成功に導く戦略―『世界を動かすプレゼン力』出版記念セミナーダイジェスト

プレゼン成功請負人である著者が利用している「7つの戦略」を紹介しています。

 

プレゼンを成功に導く7つの戦略

戦略1 まずは算数から(DO THE MATH)

・・・与えられた条件から計算する

戦略2 オーディエンスを理解する (KNOW YOUR AUDIENCE)

・・・相手について、できるだけのことを調べていこう

戦略3 インパクトを演出する( MAKE AN IMPACT)

・・・プレゼンの中に驚きの要素を入れよう

戦略4 インパクトを持続する(KEEP MAKING IMPACT)

・・・観衆を飽きさせないために考えるべきこと

戦略5 視覚に訴える(BE VISUAL)

・・・ビジュアルは賢く、適切に使おう

戦略6 明確なヴィジョンを持つ(BE VISIONARY)

・・・プレゼンでは必ず新しい視点を提供しよう

戦略7 パフォーマンス(PERFORM)

・・・優れたストーリーを練習で補強する

 

7つの戦略の概略は以上となります。また、ダメなプレゼンについても答えています。

-よくある“ダメなプレゼン”はなんでしょう?

自分のことばかりを語るプレゼンですね。最初に触れた通り、自分が話したいことではなく「相手が聞きたいこと」を心に響くストーリーに仕立てて話すことがいちばん重要なことです。一見、簡単にできそうですが、これがなかなか超えがたいハードルのようです(笑)

wired.jp

この7つの戦略は、プレゼンをしていく上で、ベースとなりそうですね。プラン提案のベースに取り入れてみてはいかがでしょうか。

商談の場や社内ミーティングにおいて大切なことは人の心を動かすことですし、そのためには、やはり伝えたいことを自分の言葉にしてプレゼンテーションすることが最も大切と言われています。効果的なプレゼンテーションの基本を学んでみてもいいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。