誰を口説き落とすかで方法は変わってくる

広告の中でも、ダイレクトメールの大半は、開封されることなく捨てられてしまいます。

だから、まず手にとって見てもらうことがファーストステップになるので、送る側としてはいろいろな方法を行います。

 

カナダでは、猫用トイレを販売する会社が、飼い主よりも猫をターゲットにしたDMを制作し、見事開封率を上げることに成功しました。

そのユニークな方法とは、ダイレクトメールに猫が好む香りを染み込ませたのだそうです。

誰を口説き落とすかで方法は変わってくる 誰を口説き落とすかで方法は変わってくる 誰を口説き落とすかで方法は変わってくる

カナダで猫用トイレを販売するBulk Cat Litter Warehouse社は、飼い主よりも猫をターゲットにしたDMを制作し、見事開封率を上げることに成功しました。

同社が用いたのは、猫が大好きなイヌハッカ(キャットニップ)の芳香。これを紙に染み込ませオリジナル“キャットニップ紙”を作り、この用紙でDMを制作しました。

“猫を虜にする”ダイレクトメールで開封率が向上

 

大きな目的を達するには、それに直接あたるより、周辺のものから攻めていくほうが早道だったりします。

上記の場合は、お金を出すのは人間ですが、その人間が愛してやまない猫に気に留めてもらえることで、ダイレクトメールの開封率を上げています。

 

子育て世代へ向けた住宅の場合、まず最初に誰を口説き落とすのかというと・・・

もちろん、「子ども」ですよね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。