隈研吾氏が語る『日本人が”建築嫌い”になったワケ』

建築家・隈研吾氏が、チームラボ・猪子氏との対談で、日本人が”建築嫌い”になったワケを話しています。

隈:なぜかというと……。1つはね、日本で90年代にバブルがはじけた後に仕事がなかったから、その時に「ああ、このままもう日本はダメだな、建築は」と思ったんですよ。

単に建築に仕事がないだけじゃなくて、なんとなく建築嫌いみたいな世の中の風潮があったと思うんだけど、要するに公共建築はお金の無駄遣いだとか、なんか昨日も、トンネルで落っこちたりしているでしょ(笹子トンネル天井板落下事故)。なにしろ公共建築ってどんどん世の中から嫌われる時代が、もう90年代から続いているじゃない。

それで、これはやっぱり日本でそういう時代なんだろうと。たぶんそれは高度成長で建築を造りすぎちゃったからで、その後も建築嫌いの時代が続くだろうから、当分もう日本はダメだな、って感じだったので。

それで海外で講演に呼ばれたりなんかしたら、無理にでも行って話してきたりとか。それで、中国で『竹の家』っていうのを造ったのがね、わりと海外にバーっと広まるきっかけだったんだけど。「竹の家」って皆さん知っていますかね……。吉永小百合のコマーシャルで使われた。

読んでいて思ったのが、建築系の話って、「建設」「建築」「住宅」の言葉の定義が、元々明確で無いため、使い方にごちゃまぜ感があるんですよね。業界に通じていれば、感覚的にわかりますが、一般の方には伝わりにくそうです。隈氏は建築家だからか、「建築」で統一していますね。

こういった「わかりにくさ」も嫌いになる理由の一つだと思っています。

ちなみに、話の中ででてくる「竹の家」はこちらですね。隈研吾建築都市設計事務所のWEBサイトに掲載されています。

中国の場合はさ、わりと最初うまいこと言うから、100万円で1枚スケッチくれればいいのだから、って言うのだけれど、絶対そんなことで終わらないわけね(笑)。それでスケッチ1枚で送ったら逆に何されるか分からないから、スケッチ送って、図面送って、現場何回も行って……。1年半かかっても結局100万円しか貰えなかった。

<<中略>>

日本だと殆ど6cmの真っ直ぐな竹が来るのだけれど、中国の現場行ったらさ、全然6cmじゃない(苦笑)。9cmもあるし4cmもあるし、みたいな感じだし、曲がっているのもあって真っ直ぐな竹はちょっとしかないってわけ。これ、日本だったら建設会社が全部もう予めフィルタリングして現場に持ってこさせないのだけれど、中国だったら平気でそういうのが現場に並んでいるわけね。

中国、むちゃくちゃですね(笑)

以前、中国で現場監督したことのある方の話では、「麻雀で負けたから翌日現場に来ない。でも、代わりの人が用意されていた。」とか、ミスの修復も仕事になるので、「平気でミスを犯して、余計な仕事を作ろうとする。」とか、そんなエピソードを聞いています。

猪子氏から見たデジタルの世界では、グローバルな均質化が進んでいると語り、隈氏から見た建築業界は、国ごとの差がまだまだ大きいとのこと。

日本よりも技術レベルは低いのに、それでも成り立っているのが、「建築」なんですね…

元記事はこちらよりご覧いただけます。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。