2015年のリノベパーティから学ぶ注文住宅のトレンドは「つくるプロセス」

リクルートが発表した2015年のトレンド予測とトレンドを表すキーワードが興味深いですね。

2015年の住まいのトレンド・キーワードは、「リノベパーティ」

「リノベパーティ」とは、友達や家族(パーティ)と「パーティ感覚」で、楽しく部屋を作り上げ、「プロセス」を重視するスタイル。

みんなで楽しく部屋を作り上げる新しいスタイルの登場!

2014年の調査によれば、「リノベーション」という言葉の認知度は96%超にまでなっている。また、Googleトレンドの検索ボリュームでは、「新築マンション」と「リノベーション」は、今や拮抗状態になっている。2000年代後半から大きく盛り上がりを見せたリノベーションだが、これまでは雑誌やネットを通じた「プロ仕上げ」の「かっこいいデザイン」でムーブメントを牽引してきた。今、そこに新しい潮流が生まれつつある。

2015年のリノベパーティから学ぶ注文住宅のトレンドは「つくるプロセス」

できる工事は「自分たち」で行い、多少の失敗はご愛嬌で、「作るプロセス」を重視し友達・家族(パーティ)と「パーティ感覚」で楽しむというスタイルである。パーティ(仲間)の募集は「フェイスブック」を使用し、「作るプロセス」 も「フェイスブック」で共有・拡散する。

セルフリノベーション(DIY)を練習できるショップやかわいいパーツも揃う専門ショップも登場し、DIYリノベ物件の見学とDIYワークショップをセットにしたイベントも開催されている。

2015年のトレンド予測 住まい領域(2 MB)

2015年のリノベパーティから学ぶ注文住宅のトレンドは「つくるプロセス」

リノベパーティ

リクルートが発表しているのは、新築・中古・賃貸などのマンションの話のようですが、

こういった「つくるプロセス」を重視する流れは、新築戸建て住宅にも必要とされてきています。

・・・10年くらい前に遡っても、やってる人はやってるんですけどね(笑)

 

今までは、プロセスを重視する方は、全体の2割程度の層だったように思えます。価格や性能を重視する人が8割ぐらい。

だから、こういう手間の掛かることを提案しても、嫌がる会社は多かったです。こういう手間が掛かることって、営業重視の会社は嫌がりますからね(笑)

ですが、2014年3月を機に、賃貸などもDIY・リノベーションを取り入れられるようになってきたので、この辺の認知度が上がり、「つくるプロセス」の価値を評価されるようになってきましたね。

これまでもプロセスを大事にしてきた会社にとっては、追い風ですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

2 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。