「建築」という言葉の定義が曖昧すぎて共通言語になっていない!?

建築コミュニケーターであり、けんちく体操ウーマン1号の田中元子さんが、グラフィックデザイナーの原研哉さんのツイートに納得行かないという内容をあげられており、興味深かったので取り上げてみました。

原研哉さんが、HOUSE VISIONに関連して、建築についての興味深い連続ツイートをされています。 何度か読み返してるけど、やっぱり納得いきません。 建築は人類の鈍感さでもって受け入れられ続けている、とされているけれど、本当?ていうか、それって建築だけ? 「建築」はダーティーで「家」はクリーンなの?じゃあHOUSE VISIONに出る建築家って、どういう位置づけなの? 原さんが建築好きで、建築について、私なんかよりたっくさん勉強されていることも、本気で取り組まれていることも、少しは知ってるつもりです。もちろん、日本を代表するクリエイターのひとりであることも、百も承知です。 だけど、もとい、だからこそ、やはりこの論旨には、強い違和感を抱きます。悔しいです。

原研哉さんのツイートとは、以下の内容です。

 

 

 

 

 

 

 

そして、田中元子さんは、

  • 建築に真剣に向き合う方だからこそ、手垢がついたのは建築、こっちは家、だなんて、言って欲しくなかった。
  • 言葉を選び換えたら「建築」から逃げられると思ったら大間違いだし、そもそも逃げて欲しくなかった。
  • 「都市計画」と「家」についても同じ。分断的に考えていては、生産性ないよ。

というコメントを残されています。

 

う~ん、、、よくわからん(笑)

簡単にまとめると、原さんの建築の扱いに、建築好きな田中さんが、ムッときてるってことでしょうか?

 

「建築」は、しでかしてしまったことを巧妙に美談にしてしまう魔法の概念なのか。

原さんのこの言葉から感じるのは、そもそも「建築」って言葉の定義があいまいすぎるんですよね。「デザイン」という言葉もそれに近い気がします。

昔、こんな人がいて、「お前は建築をわかってない」って言うわけですよ。で、「建築って何ですか?」と聞くと、あーだこーだ語るんですが、全然答えになってなくて(笑)

その時感じたのは、元々の言葉の定義があいまいなんだから、これはもう哲学だなと。その言葉をどう自分の中で定義づけるかという哲学だなと感じたわけです。

でもこうなってしまうと、同じ言葉を使っているのに共通言語になっていなくて、会話が成り立たなくなるんですよ。皆使っているけど、きっと、

「建築」という言葉、共通言語ではないんですよ。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。