2004年「住宅業界におけるeビジネスの活用」で指摘されたIT活用は未だ浸透していない。

すごい古い資料を見つけてしまいました・・・

文教大学 情報学部 経営情報学科の幡鎌ゼミ、第1期ゼミ生・齊藤 まさのさんの卒業研究「住宅業界におけるeビジネスの活用」の資料です。なんと2004年のものです。

研究のテーマとして、「住宅業界におけるe-ビジネスの活用」をもってきた狙いは、

現在住宅業界で行われているITを使った技術を把握し、今後どの様にITが活用され、顧客に納得いく情報を提供していくことができるかを考えていく。

そして、その背景としては、

今まで一軒の家を建てるときには、常に顧客側が素人で、事業者が玄人であるという明確な区分があった。しかし、インターネットや雑誌から得られる膨大な情報により施主の設備への要望がますます高まっている。そしてますます「設備通」な施主が増殖中である。つまりインターネットの普及により施主側のネット化・プロ化が進んでいるのである。これらネット化した施主に負けないためにはITを活用する事、しかも、それを全員が顧客より高度に使いこなすことが必要となる。

ということです。その研究の大きな項目として、

  • 施主のプロ化
  • 施主のネット化
  • 住宅業界のBtoCユーザー参加型の住宅設計システム

を取り上げられています。

さらに、施主のプロ化・ネット化については、冒頭にこんな風に書かれています。

インターネットや雑誌から得られる膨大な情報により施主の設備への要望がますます高まっている。そしてますます「設備通」な施主が増殖中だ。実際、施主側のネット化・プロ化は、劇的なまでに進んでいる。「我が家の建築日記」的なホームページの急増は、その象徴ともいえる。男性女性を問わず、また、インターネットやパソコンの技術レベルにかかわらず、多くの人々(施主)たちが自らの経験をリアルタイムで発信し始めている。その数およそ700。さらに年々200以上増えておりネット上での一大コミュニティ群となっている。

また、締めの感想が興味深いです。

第二章から第四章で述べてきた様に、今後住宅業界ではIT活用が必然となり、施主とのコミュニケーションを今まで以上に頻繁にとることとなる。住宅会社は、そんな施主からの問いかけ、相談などに迅速丁寧な対応が問われる。施主からの電子メールに何週間も返事がないでは意味がないのだ。つまり、住宅会社は、これらITを活用したシステムを使いこなす事ができる人材育成に力を入れる必要がある。

a0002_010996_m-1024x768

2004年に住宅に素人の学生が、文献読み漁って指摘している問題点は、2015年になっても言われ続けているわけですよ(笑)素人の学生が文献読み漁って指摘できるぐらい違和感がある部分なんですね。

2015年、ITを活用したシステムを使いこなす事ができる人材がどこにいることやら・・・業界内でIT系が活用されているのは、CADや管理系のソフトの使用とWEBの更新ぐらいですね。

まぁ、そもそも学校でもCADぐらいしか習わないので、IT活用も浸透しないのは無理もないですが・・・教育自体変えていくか、自身が必要と感じて身に付けようとするしかないですね。まずは自分の身近なところからですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。