住宅業界では昔、社長のキャラ売りが流行った!?

下の写真、東京の表参道にある歯医者さんなんですが、ちょっと前にネットで話題になってました。

表参道で歯医者をお探しなら診療内容も充実のパトリア歯科まで

住宅業界では昔、社長のキャラ売りが流行った!?

歯医者と聞いて、まずどんなことを想像するでしょうか。ほとんどの人が「痛い」とか「怖い」といったマイナスなイメージばかりが先行すると思います。そのせいで、歯医者に来てくださるのは症状が悪化してからということが多くあります。死ぬまで付き合っていく歯なのにどうしてもっと大切にしてくれないのかと、歯がゆい思いをずいぶんしてきました。

ご本人に歯を大切にしたいという思いがなければ、残念ながら痛い治療を繰り返すことになります。つらい思いをしないためにも、自分自身のために歯を守る努力をしていただくことが大切です。そのために私が全力でサポートします。皆様の歯のパーソナル・トレーナーになることが私の役割であると思っております。

風貌は少し変わっていますが、歯科医師としてあるべき姿を本気で追い求めています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

院長 嶋田 泰次郎

続きはこちら

続きに進んでもらって、最後まで読んでいただくと、話題になる理由がわかると思いますが、

住宅業界では昔、社長のキャラ売りが流行った!?

実はボディビルダーでもあるというキャラクター。

サイト自体はシンプルに、必要なことも盛り込んで作られ、見やすいですが、
一番の推しは、院長のキャラクターな気がします。

院長のキャラに共感する方は、「一度、行ってみようか」という気になりますね。

住宅業界でも昔、社長のキャラ売りが流行った・・・

昔、工務店でも社長のキャラクター戦略みたいなものが流行りましたね。空を見上げて、熱き想いを語って、プライベートさらけ出して・・・

方法として、決して悪いとは思わないですし、今でもやっていただいていいと思うのですが、人によって、できる人できない人に分かれますよね。

さらには、嘘のキャラクターは段々、ボロがでてきます(笑)

無理に社長が頑張らなくても周りを活かそう

社長が無理なキャラクターを演じなくても、周りを活かせばいいだけのことです。

スタッフ推しでもいいですが、一番いいのは施主のキャラクター戦略です。やはり、自社を良いと選んで、実際に住んでいる方ですから、ターゲット層の象徴的存在になりやすいのです。

また、施主の中にも、センスのいい方や、積極的に応援してくれる方など、優遇したほうがいい施主がいるんですよ。そういった方をどんどん推すことが、施主のキャラクター戦略でもあるわけです。

では、どうやって、そのような施主を探すのか?

これには、施主と寄り添う、施主と向き合うことが必要ですね。
そういった場をつくるのがコミュニティなわけです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。