居心地のいいカフェっぽさを演出する参考書

少し前に、「ブルーボトルコーヒーが日本上陸!」なんて話題で、カフェ業界が盛り上がってましたが、住宅においても、

  • カフェっぽい家
  • カフェっぽいリビング
  • カフェっぽい家具
  • カフェっぽい部屋
  • カフェっぽい食器
  • カフェっぽいキッチン
  • カフェっぽい壁紙
  • カフェっぽいテーブル
  • カフェっぽいインテリア
  • カフェっぽいカーテン
  • カフェっぽい照明

などなど、ここ数年、建てたい家のデザインに、”カフェっぽさ”を求める方が増えてきました。
カフェっぽさに限らず、お店っぽい家を求める方は増えてきていますね。

ただ、気をつけたいのは、カフェっぽい素材を使えば、それなりに見えてしまうので、上辺だけの空間ができやすいのは否めません。

 

居心地のいいカフェっぽさを演出する参考書

カフェの持つ”居心地の良さ”を、住まいに作りこむなら、居心地のいいカフェから学ばないと難しいですよね。

それには、カーサブルータスのNo. 181号が参考になりますよ。

181

飲食だけに留まらず、日本のカフェは様々な魅力を持つ場所です。ただ今、多くの人の関心といえばはなんといってもコーヒー界のアップル、ブルーボトルコーヒーの日本上陸でしょう。一号店の清澄白河では待ち時間は短くても1時間以上だとか。また、注目の料理人たちがカフェで期間限定で腕をふるっています。そんな多様な側面を持つ日本のカフェの元気な現状をすみからすみまで取材しました。

Casa BRUTUS No. 181

casa181-00 casa181-01 casa181-02 casa181-03

参考にしてみてください。
 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。