提案する住宅の良さは教育で導いていこう。

遅ればせながら、映画「スティーブ・ジョブズ」を観ました。

誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織に所属するのに向いていないと悟った彼は、自分のような友人らと自宅ガレージをオフィスにしてアップルコンピュータ社を設立する。革新的な商品を次々と放ってはヒットさせ、たった4年で株式の上場に成功、IT界の寵児(ちょうじ)となるジョブズ。しかし、意見の相違がある社員は問答無用で解雇、創立時メンバーを冷遇するなど、独善的な言動を繰り返すように。その果てに、彼は自身の会社から追放されてしまう。

映画の内容が良い悪いはさておき、興味深かったのはマーケティングに対する考え方です。

 

未知で欲しいものを売り、教育で導く

世間一般で言われているマーケティングの考え方は、
人々を調査し、人々が欲しがるモノを知り、それを売ること。と言われています。

でも、スティーブ・ジョブズは、その逆の、

顧客は自分が本当に欲しいものなんてわかっていない。
だから、まだ見たこともない「本当に欲しいもの」をつくる

ということで、人々を調査し、人々が知らないけれど人々が欲しがるモノを知り、それを売っていたのです。

さらには、未知ということは、欲しいかどうかすら気付ていないわけなので、そこに「教育」を取り入れ、未知の人々を「欲しい」へ導くわけです。つまり、

未知で欲しいモノを教育で導く

というやり方をしているのです。これって、最良のマーケティング手法な気がします。

 

提案する住宅の良さは教育で導く

ジョブズのようにまったく新しい住宅を提供できることは、まずないでしょうが、
価格や性能などの数字勝負をしないなら、「教育」にチカラを入れるべきですよ。

なぜなら、住宅のことを何も知らない顧客に要望を聞けば、「より安い」「より良い」ものを求めてきます。それがその人達の価値なので、当然のことです。

まだ家のことを知らない人達にとって適した、本当に価値のあるモノを提供できるなら、「教育」で導いてあげるのが、最良の方法ですね。

自然素材を使っているなら、自然素材についての教育が必要ですし、
デザイン性の高い住宅なら、デザインについての教育が必要です。

「教育」には、知識や経験、技術といった本質に加え、お客さんのことを理解し、伝えるチカラも必要になります。

  • ちゃんと伝えられるほど、家のことを理解しているだろうか?
  • ちゃんと伝えられるほど、お客さんのことを理解しているだろうか?
  • ちゃんと伝えられるほど、伝えるチカラが備わっているだろうか?

押さえるべき、大事なポイントですね。

 

 

それにしても、ジョブズを演じたアシュトン・カッチャー、似すぎです(笑)

アシュトン(上)、若い時のスティーブ・ジョブズ(下)

 

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。