家を建てる理由には合理さを超える”感情”が必要!

家を買ってはいけない・建ててはいけない理由というのがあります。

この理由を、どこの誰かがご丁寧に「決定版! 絶対に家を購入してはいけない 29 の秘密」をまとめてくれています。それらを端的に下に書いています。26項目。

すごく否定的な内容ですが、こういった内容に対して、きちっとした答えや考え方を持っておくことは大事ですね。

合理的に考えたら、持ち家じゃない方が多いと思います。そういう時代になってきています。
でも、その合理さを超える”感情”があるから、家を建てる人はいなくならないのかもしれません。

51a37412ad77f

 

1.住宅地は確実に値下がりする

  • 年々少子化は加速しており、住宅地や戸建ての需要は急速に減っている。
  • 需要が減っている物を購入し、家を買うと土地が残る。
  • 財産が残るからなんて考えで買うと将来二束三文の土地に莫大な管理費や手間をかけるハメになる。

2.ご近所トラブル

  • ゴミ屋敷や騒音、ペットのトラブルなどご近所のトラブルも最近多い。
  • もし、自分の隣に引っ越してきた人がゴミ屋敷にしたり大型犬を10匹以上飼っていたらどうなるか?
  • 一生騒音に苦しめられる刑務所に早変わり。
  • 予防方法もない。自分がどれだけ気をつけていても、相手が異常者なら何をしてもご近所トラブルになる。
  • 解決方法は無い。裁判すれば近所の笑いもの。
  • 警察沙汰にしても近所の笑いもの。
  • 解決できないからご近所トラブルがある。

3.大型マンションの建設

  • 日照権で太陽は保証されているので、だから家を買っても真裏に大型マンションが建つことはないだろう。と思っていたら大間違い。
  • 日照権は住宅地を守るためにあるものではない。大型マンション建設に優位に働くものである。
  • 資産価値は相場の30%は安くなるらしい。

4.子供のために残した土地はトラブルの元

  • 親から受け継いだ現金なら半分にできる。
  • しかし、土地を受け継いでも、子供としては売却しづらく遺産相続でもめる元となる。
  • 子供が欲しいのは金。

5.売買するだけで往復300万円?

  • 仲介料
  • 司法書士代
  • 引っ越し費用など諸々合わせて300万円は損をする。

6.近所や人を妙に意識する

  • 賃貸ならてきとーに挨拶しておけばいい。嫌なら引っ越せるから。
  • 分譲マンションや建て売りを購入すると確実にお互いを意識しトラブルの元。
  • 一戸建ての場合、隣の家の駐車場が丸見え。監視されている気になる。

7.買ったら終わり

  • もう、引っ越せない。
  • 買う前は、一生安心して住める家を購入したつもりが、購入した直後、死ぬまで嫌でも住まなければいけない終の棲家になってしまう。
  • 買う前の夢が一番幸せ。

8.離婚したらバレバレ

  • 離婚してしまったらもちろんバレバレ。主人だけいるのに最近奥さんいないなぁって。
  • 分譲なら引っ越せばいいけど、もう引っ越せません。

9.ローンが残っていると、残額を用意しなければ売れない

  • ローンが返済できないと自己破産するかローンの残額を全て用意しなければ家を売れない。
  • 家を売るために、新しい家を二重ローンにして買わなければいけない。

10.実はぼったくり。固定資産税。

  • 家の固定資産税は毎年10万円以上払わなければいけない。

11.町内会やゴミ捨てをやらなければいけない

  • マンションなら修繕費や管理費を払うことにより業者がゴミの日に掃除をしてくれる。しかし、一軒家だと当番が回ってきてゴミの当番をしないといけない。
  • 回覧板。。。ポストに入っていたら隣に回す必要があります。回さないといけない義務感を感じると面倒です。

12.家の前の犬の糞、となりからの雑草

  • 犯人をさがすわけにも行かないし、手入れしないと庭が汚れる。
  • 自分の家の前の道路や歩道も自分が掃除しなければなりません。

13.私道は地獄への一歩誰も助けてくれないヘルロード

  • 私道は警察が介入できない。子供が家の前でボールをどんどん。毎日ののように路上駐車。あなたはDQN一家の総攻撃に耐えられますか?
  • 私道は基本的にみんなの持ち物になっているから修繕するにもみんなでお金を出す必要がある。
  • 払わない家があったりしてもめますよ。

14.土地の境界がめちゃくちゃ

  • 業者は家を売りたいばかり。
  • 家と家の間に間に噴水を作ったりベンチなどの共用施設を作ったりしたがるが、これがあるとまた面倒。
  • 誰かが壊したりしたらみんなの負担で直さなければならない。

15.結局かかる修繕費

  • 一戸建てを購入しても外壁の塗装などで、10年に1度 200万円くらいの出費は覚悟しなければならない。

16.ママ友や子供関係でももめる場合もある

  • ママ友でハバにされたりいじめだれたりする場合もある。
  • そんなときも賃貸なら引っ越せばいいが購入だと引っ越せない。

17.近所の環境はいつでも変わる可能性がある

  • 家にイオンがあるから便利でいいわぁって思って購入しても潰れる可能性もある。駅ですらそう。
  • 原則家は一番良い状態で買うので環境に応じて価値が変わる。
  • 回りの環境が変われば、その土地や家の値段はゴミになる可能性も。

18.マンションより音が響く

  • 現在の人間はマンション育ちで一戸建てなら何でもできるわぁ♪って思っている人が多すぎる。
  • 住宅密集地なら隣が窓を開けていればマンションよりも音が響く。

19.DQN大杉

  • マンションを賃貸すると 15万円。でも購入すると月々 6万円からでOKですよ♪とかいう物件が多すぎる。
  • DQNは35年フルローンでも平気で組んでくる。

20.隣人のレベルで、家の資産を左右される

  • 隣の人が家の境界線にゴミを置くようになったらどうだろう?
  • どれだけ自分が綺麗にしていても匂いや虫が寄ってくる。
  • しかし相手の敷地内なら文句も言えない。。。
  • さらに、売却しようと思ってもそんな家誰が買うか?
  • 少なくとも隣人に100万円単位で自分の資産を左右させられる羽目になる。
  • いつでも逃げられる賃貸か。一生住まざる負えない持ち家か。

21.家をローンで買った瞬間に転勤させられる

  • 家を買うと会社の言うことを黙って聞くようになる。ローンを一生支払い続けないといけないから。
  • 結局、家を買ったのに転勤させられ、賃貸にするはめに。
  • 会社は、マイホーム買った人の心理を逆に利用して奴隷化する。

22.隠すことのできない資産

  • 世の中には何があるかわからない。家があることによって、資産が判明する。
  • 不動産はすぐに隠せないので裁判所に持って行かれる恐れが高い。
  • 世の中、誰にいつ訴えられ、金を取られるかわかりませんよ。

23.願わくば、死んでくれ

  • 家を買った瞬間、旦那に死んでほしいと願う女性が多い。だって、フルローンでも旦那がxxxばローンの支払い義務がなくなるから。生命保険と、家のローンチャラで。。。
  • 家買った瞬間旦那がxxxば、家のローンはチャラ。生命保険でさらに倍。旦那が死ぬことで5000万円手に入ります。そんな夫婦生活楽しいですか?

24.マンションは管理費がかかる?

  • マンションは管理費がかかると思っている人は多い。
  • 一軒家は、管理費はかからないが、自分ですべて管理しなければならない。ガスが壊れた。電気壊れた。ガラス割れた。雑草生えた。粗大ゴミを不法投棄された・・・。
  • マンションは管理費がかかる分、管理を “やってくれる” んです。

25.中途半端な駐車場

  • マンションなら駐車場としてちゃんと計算されて作られている。
  • しかし、建売だとまっすぐ止めたり、横に止めたり。。。二台縦列に止めたり。。。駐車場として成り立っていないので停めにくい。事故の元ですね。

26.結局セコム。

  • 今の時代は物騒。なにがあるかわからない。結局管理費払わなくていいぶん、セコムのシールを貼ってあるところが多い。
  • なんでセコムに入っているか?答えは簡単「何かされたことがあるから。」
  • セコムは一軒家で毎月6000円弱。
  • だったらマンションのオート二重ロック、さらにはマンションとしてのセコムのが安心ですよね。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。