「暮らし」が理解できないのは、「暮らし」に触れていないから

ライフスタイルプロデューサー村上萌さんが主宰するウェブマガジン「NEXT WEEKEND」。

次の週末に取り入れたい理想の生活を提案されているのですが、今月6月の特集が「いえのこと」でしたので、ちょっと取り上げてみました。

6月は「いえのこと」

いつのまにかドライになったフラワーリースがかかるドアに、サンダルとブーツがどちら­も並ぶ、季節感のない玄関…。
たまっていくばかりの“素敵なインテリア”本の中には「いつかやろう」と思っているア­イディアがたくさん。6月は、そんな「家のこと」にとりかかる最高のチャンスです。夫­婦でバラバラだったマグカップの柄をそろえること。
小さな頃、お母さんと2人でキッチンに立って「私も、子供ができたら作ってあげよう」­と思っていたプリンを作ること。冷蔵庫の棚卸しに梅酒作り、それから階段やベランダの­ほうき掛け。
大それたことでなくても大丈夫。雨が降って予定がキャンセルになった時こそ、にやりと­笑って #小仕事 を始めてみましょう。
私だけの小さな仕事が、心を豊かにしてくれます。

今月の記事内で取り上げられている叶えたいことのリストには、

  • フルーツを上手に使って初夏のリースを作りたい
  • 待つのが楽しい魔法の瓶がつくりたい
  • 好きな色を素直に使いたい
  • 見えない“おもてなし“も大事にしたい

ということを挙げられています。

村上さんが行っているのは、なんでもない日常を、自分らしく楽しく過ごすための提案です。

過去の記事を見ても、朝ごはんを楽しむ工夫や週末を楽しむ工夫なども特集されていますね。これらをマネできるのは、ごく少数の方たちだけかもしれませんが、センスがいいので、憧れる方は多そうですね。

 

ターゲット客の「暮らし」に触れているか?

好みや方向性はそれぞれありますが、確かに20代~30代の女性は、なんでもない日常を、自分らしく楽しく過ごす暮らしに魅力を感じている方は多くなってきています。こういった方たちは年齢歴にも、結婚していれば、これから家を建てようと思う世代です。

「暮らし」という言葉を使うことは簡単ですけど、本当に理解していますでしょうか?

理解するために一番いいのは、自分自身が体験することですが、それ以外ですと、そういった情報を取り入れることも必要ですし、そういった暮らし方に触れていくことも必要ですね。

やはり「暮らし」そのものに触れていかない限り、理解し、提案していくのは難しいですよ。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。