家づくりに「夫婦仲」とか「家族仲」は、大事なキーワード

最近、アメリカでは、

「オープン・アダプション」
という、日本で言うところの
「特別養子縁組」のようなものが
浸透しているとのことです。

⇒ https://newspicks.com/news/1132515/body

⇒ https://newspicks.com/news/1143789/body

ロサンゼルスでは、
施設に入居する子は1割以下、
(9割近くが里親へ)

カリフォルニア州では、3人に1人が
「養子縁組を経験した人を知っている」

という割と身近な仕組みに
なっているようです。

個人的に、こういう取り組みは好きで、
応援したいですね。

実親にも皆それぞれ、
いろいろな事情や状況があるでしょうが、

子どもって”未来”ですからね。

その子どもがどう育つかによって、
未来の良し悪しも、
変わってくると思っています。

身近な家づくりの問題に置き換えるなら・・・

まず、夫婦や家族でないと、
家は建てないですよね。

さらには、うまくいってない家族が、
家を建てるなんて、まずないですよね。

そもそも、「なぜ家建てるの?」を
突き詰めていったら、

家族のこととか、子供のこととか、
そういうことが理由に挙がってきますから、

夫婦仲とか、家族仲とか、
押さえておきたいキーワードに
なってくるのでは?

と思ってたりします。

昔、イベントで、

講師をお招きして、
子育てコーチングというのを
行ったことがありますが、

結構、評判が良かったです。

あと、家(モデルハウス)を使った、
子供向けの英会話教室なんかも、
評判が良かったです。

家の中で、どのような
コミュニケーションを
取っていくのがいいのか?

大事なポイントですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。