食は「和食は、引き算。洋食は、足し算。」、住は「間取りは、引き算。暮らしは、足し算。」

日本アドバタイザーズ協会が12月17日に発表した「第54回JAA広告賞 消費者が選んだ広告賞」の最高賞JAA賞の新聞部門の広告が、いい感じで好きですね。

審査基準は、

  1. 感性(好感、共感、親近感がもてる広告であるか)
  2. 理性(わかりやすく、納得できる広告であるか)
  3. 創造性(オリジナリティが感じられる広告であるか)

の3つから選ばれているとのこと。

新聞部門:味の素 和・洋 調味料群「和食は、引き算。洋食は、足し算。」

食は「和食は、引き算。洋食は、足し算。」、住は「間取りは、引き算。暮らしは、足し算。」

和食は、引き算。洋食は、足し算。

審査委員長のコメント

「新聞という媒体の特徴なのか、消費者審査員は、この広告に対し、非常に分析的な見方をしていた。30段という広いスペースをうまく使っており、ビジュアルは和食と洋食の対比が面白い。メインのコピーが目を引き、ボディコピーも読ませる内容で興味深い。−このように、クリエイティブの各要素を高く評価する声が多かった。」

「和食は、引き算。洋食は、足し算。」いいコピーですよね。写真ともマッチしていて、わかりやすいです。

この広告を見て、浮かんだのが、

「間取りは、引き算。暮らしは、足し算。」

というコピーです。余計な間仕切り壁とかは省き、自分らしく暮らすための要素は足していく・・・みたいな。

使用は構いませんが、写真とマッチしていないと効果ないでしょうし、そもそもが明らかなパクリなので自己責任でお願いします(笑)

・・・「余計な間仕切り壁とかは省き~」という補足文まで真似されてます▼別にいいんですけど、引用先ぐらい付けてほしいかな。

ちなみにテレビ部門では、過去記事でも取り上げた、東京ガスの「家族の絆 母とは」篇が選ばれています。

東京ガス 企業広告「家族の絆 母とは」篇

審査委員長のコメント

「東京ガスの企業広告シリーズは、こうした広告賞の常連作品。正直なところ、審査員も私も『またか!』と構えて見てしまったが、最後にはやはり目が潤んでしまうのは、さすがの一言。母と息子の日常を描き、日頃忘れがちな感謝の気持ちを思い出させてくれる、消費者インサイトに優れた広告だと思う。」

食は「和食は、引き算。洋食は、足し算。」、住は「間取りは、引き算。暮らしは、足し算。」

家族への普遍的な思いを家づくりに活かす!感情をゆさぶる動画のお手本・東京ガスのCM

2015年11月23日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。