35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案をできるかどうか?

時代は「小さく暮らす」方向へ向かっていますね。以前もアメリカでの小さく暮らす話を取り上げましたが、

35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案をできるかどうか?

アメリカ人も気付き始めた小さな暮らし方

2013年12月23日
35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案をできるかどうか?

省スペース・デザイン・環境負荷に配慮したアパートメント

2013年10月12日

アメリカでは住宅不足からマイクロユニット住宅の動きが生まれているようです。

日本の場合は、所得の問題!?

日本の場合は所得の問題で、家が欲しくても、そこまでお金を掛けられない方が多くなってきています。その選択肢として、小さな家はあると思うんですよね。

最近は、デザインのレベルが上がってきているので、小さな家に少しづつ魅力を感じ始めている方も増えていると思いますが、まだまだ足りないのが、

  • 機能性
  • 大きい小さいの感覚
  • 住まい手の住むチカラ

というところかなと感じています。

日本の注文住宅の場合、小さな家で暮らすための、機能性を高めるための施策をしないことの方が多いんですよ。機能性の高いインテリアとかあまり目にしないですよね。提案する側にその知識がない&面倒くさいというのも影響しているかもしれません。

また一般的には、大きれば良いという感覚があります。だから、提案する側も、土地に対して、目一杯の大きさを建てる方が圧倒的に多いわけです。楽ですしね。さらには、借入額に対して予算目一杯に建てた方が、利益増えますから(笑)

そして、物が片付けられないことも影響して、大きな収納など、無駄なところに広さを求めるわけです。「物が多い」とか「物が片付けられない」って、損ですよ。住面積同じなのに、収納が大きいため、無駄にコストアップしている家とか、たくさんありますから。

本当に必要な広さなんて、誰もわかっていない。

お金に余裕があれば、どんな広さでも構いませんが、コストダウンの方法としては、個人的には、広さを優先して仕様を落とすコストダウンより、広さを小さくしてコストダウンを好んでいます。

4人家族に必要な広さってどのくらい必要かなんて、その家族のライフスタイルもあるでしょうが、誰も答えなんてわからないわけです。30坪で暮らせるかもしれませんし、27坪でも暮らせるかもしれません。

「35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案をできるかどうか?」

この感覚は十分な差別化になりますよ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。