ポジショニングはニッチinリッチ!空き家を再生ではなく、あえて壊す「減量住宅」

以前、集客のために必要なポジショニングの話で、「木造賃貸住宅の再生」の例を挙げました。空き家やリノベーションが流行る中、木造賃貸に絞り、低予算で再生していくというもの。

ポジショニングはニッチinリッチ!空き家を再生ではなく、あえて壊す「減量住宅」

周りの工務店・設計事務所と似たり寄ったりな集客できないポジショニングを今一度見直そう!

2016年5月10日

greenzで取り上げられていた建築家の飯名悠生さん、こちらもいいポジションですよ。

ポジショニングはニッチinリッチ!空き家を再生ではなく、あえて壊す「減量住宅」

減量住宅 on Strikingly

減量住宅の最終目標は、解体とのこと。つまり、“なくなる”こと前提でプロジェクトを進めています。なので、建築家が一定期間空き家の住人となり、少しずつ家を減量していくんだそうです。

再生ではなく、あえて壊す?

減量住宅は、DIYやリノベーションが流行り、社会全体が空き家の再生へと向かう中、あえて壊すことを提案するというポジションです。

空き家問題という市場がある中で、皆が再生を行っているところを、真逆を行っているので目立ちやすいです。ポジショニングは、ニッチinリッチが基本で、ある程度市場がある中で絞り込むことが必要です。

また、「減量住宅」というキャッチな名前もわかりやすいですね。

減量住宅の発想は個人的に好きです。空間は無駄にある必要はないし、必要な時に生み出せるのがいいので、理想は、ちょうど良さを常にコントロールできる状態なんだと思っています。

ちなみに、海外では、建てた家が自ずと崩壊し自然へと還る「引き継がない家」が出てきています。自然に還る素材で作っているため、メンテナンスをせずに10年ほど放置すれば、建てた家が自ずと崩壊し自然へと還る家です。

ポジショニングはニッチinリッチ!空き家を再生ではなく、あえて壊す「減量住宅」

親子で家を引き継がせる時代は終わり、関係性で引き継ぐ時代へ!

2015年6月16日

新しくなければいけない、広くなければいけない、部屋はいくつなければいけない、長持ちしなければいけない・・・など、今まで常識とされていた住まいづくりは、どんどんぶっ壊れていきますよ。

なぜなら、自分たちにとって心地の良い空間にいられることが、大事なことですからね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。