これからの暮らしに必要なのは最小限家具!好みの板と組合せて自由につくる家具【noashi】

好みの板と組合せて、テーブル・イスを簡単につくることができる、DIY家具「noashi」がシンプルでいいですね。4脚に板を挟むことで、簡単に家具をつくれますので、かなり自由度が高いです。

テーブル・イスを簡単DIY!好みの板と組合せてつくる自由な家具「noashi」

テーブル・イスを簡単DIY!好みの板と組合せてつくる自由な家具「noashi」

<「noashi」の3つの特長>

1:天板の素材を楽しむことができる

天板は好きな素材、部屋にあったサイズのものを自身で自由に選ぶことで、お気に入りの家具を作成することができます。

2:自由にカスタマイズ可能

色を塗ったり、壁紙を貼ってみたり、部屋の形に合わせて切断したり、キャスターを付けて移動をスムーズにしてみたり、寄せ書きや似顔絵を描いてプレゼントにしてみたりと創造力次第で色々なカタチへと変化させることができます。

3:分解することで持運びが簡単

家具は、分解することで非常にコンパクトにすることができます。そのため、今まで大変苦労した引越しなどでも容易に移動することが可能です。組立や分解は、4本のボルトを回すだけと簡単です。

sub1

シンプルでいいですね。

製造者の前田さん曰く、発案にはこんな背景があったようです。

20代で4回の引越しを経験し、次第に余計なものはいらないと考えるようになりました。家具は最小限必に留め、シンプルでいて持ち運びや処分が簡単に行えるものが欲しいという考えに至りました。そのような思いがこの形になりました。

テーブルって、天板の材質・質感で雰囲気変わってきますからね。特に木材だと、木目もたったひとつしかないわけですし。「良い板だな」と思っても、いざテーブルにしようとすると、結構手間だったり・・・脚の上に乗せる方法もあるんですけど、不安定になりやすいですし、また変に脚付けると、持ち運びも大変ですからね。

「最小限家具」という考えは、これからの住まいに求められてきますよ。

家具のせいで、広さが必要になり、それで住宅コストが上がるなんて、バカバカしくないですか?もちろん、無駄なモノを減らすことも良いですが、家具もコンパクトにしていくのも必要ですね。コンパクトで質の高める暮らしの方が、より満たされると思いますよ。

Makuakeで予約購入可能

10月27日(木)よりMakuakeにてクラウドファンディングを行っていて、MakuakeのWeb上で予約購入することができます。価格は1セット(4脚)7,000円~。

木材を扱っているなら、試しに使ってみてはいかがでしょう?

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。