工務店は隠したがるから共感されない!?

以前紹介した「日本仕事百貨」という求人サイト。

日本仕事百貨

日本仕事百貨

求人内容を、雰囲気の良さや考え方・コンセプトなどを、ストーリーを通じて、表現をして、共感を誘い、「ここで働いてみたいかも」と思わせる流れです。嫌な感じを与えず、相手を絞り込むことができ、応募者側も、感じに合わないなら応募しなくなります。

こういった手法は、集客にも使えますよね。

 

でも、その反対と言ってもいいぐらい、広告デザイン会社dofのこの開き直り方、結構好きです。

「ブラック企業dofに入社しないほうがいい10の理由。」 – dof inc.

recruit_html

「弊社は、こうだよ。」という表現で、主な特徴を挙げており、それをメリットと感じるか、デメリットと感じるかは、「あなた次第」といったスタンスです。「こんなクソな会社に誰が入るか!」と思うかもしれませんが、dofは「サントリーのハイボール」「プリッツ」などの広告を手がけています。

例えば、2007年電通賞を受賞した、サントリーオールド・父の上京(『家族の絆』シリーズ)とか。

そのスキルを学びたい、人脈を得たい人は応募するでしょうね。

 

隠さず本音で語れるかどうか。

表現はテクニックですから、「日本仕事百貨」のように柔らかい表現もあれば、dofのような生々しい露骨な表現もあります。上記に共通しているのは、「隠さず伝えている」ということ。

現場の様子やお金のことも、包み隠さずすべてを見せてくれる、そんな施主が知っておいたほうがいいことを、変に隠し立てをする会社には共感しません。

  • こちらの方が利益率が高いから、これをすすめます。
  • こちらの方がクレームが少ないから、これをすすめます。

こういった考えでは、考え方自体も共感されませんし、隠さざるをえないため、人や会社にも共感しませんよね。隠さず本音で語っていきましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント