外見と中身が一致してない家づくりは施主に愛されない。だから集客にも苦戦する。

漫F画太郎の「罪と罰」というマンガがあるのですが、ご存知でしょうか。

tsumi (1)

あの有名なドストエフスキー原作の「罪と罰」のマンガ版なのですが、作者の漫F画太郎というのは、この時限りのペンネームでして、書いているのは漫☆画太郎氏です。

漫☆画太郎といえば、こんな感じの絵を書かれる方で、好き嫌いが分かれる内容ばかりを書かれています。

mmi_man_02

なので、「罪と罰」1巻の表紙のイラストはイメージで、他の方(イラストレーターのEnomoto氏)が書かれています。

そして、原作ドストエフスキィと堂々と書いておきながら、個人的な解釈入った原作無視の展開で話は進みます。その内容は、知っている人なら言わずとも、漫☆画太郎節満載の下劣な内容です(笑)

ちなみに、2巻は、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のかんざきひろ氏。

tsumi (2)

3巻は、「刃牙」を描かれている板垣恵介氏の表紙。

tsumi (3)

最終巻の4巻でようやく、表紙も本人が書いています。

tsumi (4)

案の定、評価は好き嫌いがはっきり分かれており、好きな人は、昔からの漫☆画太郎ファンの方が多いと思います。嫌いな人は、詐欺的な表紙に騙された方が多そうですね。

罪と罰 1 (BUNCH COMICS)

罪と罰 1 (BUNCH COMICS)

  • 作者:漫F画太郎
  • 出版社:新潮社
  • 発売日: 2011-10-08

 

外見と中身が一致してない家づくりは、施主に愛されない・・・

外見と中身が違うことの結果は、マンガなら面白おかしく話題にできますが、これを家づくりに当てはめたら、施主は味方になることはないでしょう。

  • 外見=WEBサイトやカタログなど、外から見る家づくり
  • 中身=実際の家づくり

以前、「自分の家、悪人につくってもらう?」という記事で、どんなクズ人間でも、広告の出来が良ければ表彰しますよというコンペCMを取り上げましたが、魅力的な外見(宣伝・広告)は、悪い人間でもつくれるわけです。

例えば、大きな話で言えば、某大手住宅会社が昔行った「坪20万円台で建てられます。」とうたっておきながら、実際は40万円台になるとか。

細かい話で言えば、地域密着とうたっておきながら、全然密着してない工務店も実際多いですし(笑)WEBサイトやカタログなどでは、他所の施工例やお客様の声を使ったり、言葉や写真を巧みに使い、良いことを書くことなんて、簡単に出来てしまいます。(関連記事:他所の施工例やお客様の声、それって詐欺だろ?

やはり、こういったズレは少しでも少なくする必要があります。こういったズレがあると、たとえ契約になり建てたとしても、その後、イベントや写真撮影・取材には協力してくれません。

 

住まい手である施主の存在を大事にしないから、集客にも苦戦する。

集客につながらない原因のひとつに、「すでに住んでいる施主との繋がりが見えない。」ということも挙がります。実際、集客できないと悩んでいる工務店の多くは、これが欠けています。

上記のようなズレでも繋がりが失われますし、また「引き渡したら終わり」という考えが、集客できない方向へ導いていっているのです。

「引き渡し後、事務的なアフターやメンテ以外で、どんなことで施主と接しましたか?」

その後の暮らしがつくられていくのを一緒に感じ、それを得られることは、集客にも活かせますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem