工務店が集客に悩む女性向け住宅広告をつくるには?

工務店がこれまで行ってこなかった集客が、女性に対しての訴求です。

なぜなら、

  • 夫の給料で住宅ローンを組むので、最終決定権は男性であるから
  • 奥さんの方は家づくりに対して、口が出せなかった。(亭主関白)
  • つくられる住宅が性能などを重視した男性的であるから。

などの理由で、奥さんより決定権があるご主人を口説けば良かったわけです。

また、

  • 広告の最終決定が、(工務店の)年配の男性であるから

というのも理由のひとつに挙げられます。

ただ、ここ最近の家族関係の変化から、女性も家づくりに対して、対等に意見を言う世帯も増えてきています。奥さんの方が強い世帯もいますよね。

そして、求められる住宅も、女性的なやさしい雰囲気の住宅が増えてきています。

 

どうやって女性向け住宅広告をつくるのか?

「さぁ、女性をターゲットにして集客しよう! 」と思っても、どうやって広告をつくるべきなのか、指標となるものがないので、難しいですよね。

以前、ブログでも、男女の脳の違いからくる住宅の広告・集客ということを書きましたが、男性と女性とでは響く内容が違うため、訴求する内容が異なります。

女性に対しての訴求は、

  • 複数の様々なイメージ写真で訴求したり、
  • 子どもや赤ちゃんがいるような、家族やコミュニティが感じられるもので訴求したり、
  • ライフスタイルが想像できる感情的な文章で訴求したり、

が有効的です。

また、女性向けのキャッチコピーは、ルミネなどファッション系が上手いです。(住宅広告のキャッチコピーはルミネに学べ!

工務店が集客に悩む女性向け住宅広告をつくるには?

脱いでいるわたしより、
着ているわたしが、わたしに近い。

男性は性能とか奇抜なデザイン性とか、アクセサリー感覚な言葉に惹かれがちですが、女性はそういった言葉を嫌う傾向があるので真反対です。

価格面での訴求は、そこまで差はないにしても、男性は見栄を貼りたいでしょうし、女性は現実的になりやすいですよね。

 

ターゲットとしている女性が何に惹かれるかを知る必要がある!

女性向けの住宅広告をつくりたいなら、ターゲットとしている女性が、

  • どんな雑誌を読んでいるか?
  • どんなファッションを好んでいるのか?
  • どんな食べ物を好んでいるのか?

など、彼女たちが入れている情報を知る必要があります。

これらの目的は、彼女たちが、どんなイメージ、どんな言葉に惹かれているかを知るためです。

雑誌は、出版社のお陰で、すでにターゲットが分けられているのでわかりやすいですよ。例えば、

工務店が集客に悩む女性向け住宅広告をつくるには?

Mart (マート)の読者は、 世帯年収800万円くらいの、時間に余裕のある30代専業主婦が多いとのこと。

工務店が集客に悩む女性向け住宅広告をつくるには?

Come home!(カムホーム)は、自然素材を使ったナチュラル系を好む方が多いです。

兵法書「孫子」ではないですが、相手のことを知ろうとしないかぎり、集客は難しいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。