家を建てる人を集客する最終目的とは?

ビジネスをする上で、「お客様の情報」つまり顧客リストは何をおいても大事なものであることは、このブログでもメルマガでも何度も取り上げています。

集客をして、リストを集め、育てていく中で、顧客には5つの段階があります。

 

1.潜在見込み客

見込み客となる可能性を秘めた、まだ見ぬ未来のお客様。特に接触はなくても、密かにホームページを見ている方などもこれに当たりますね。

 

2.見込み客

扱っているジャンルに共感してくれる、将来顧客となる有望なお客様。家づくりにおいては、見学会などに参加したりして、接触があり、反応が良かった方ですね。

 

3.新規客

契約していただいたお客様。これで顧客の仲間入りです。

 

4.リピート客

一般的には、「2回以上購入いただいたお客様」と言われますが、家づくりにおいては、同じ会社から2回というのはなかなかないことなので、家が完成後も、イベントに顔を出してくれたり、ブログで暮らしの様子などを書いてくれる方が当てはまりますね。

 

5.固定客

ファンになってくれたお客様、あなたの家づくりを社員かのように、応援してくれるありがたいお客様です。家づくりのイベントなどを、自ら主宰してくれたりなど、言わばファミリーのような存在です。

家を建てる人を集客する最終目的とは?

会社の成長を一緒に喜んでくれる施主はいるだろうか?

以上のように5つに分けることができます。

 

最終目的は『固定客=ファミリー』を増やすこと

家づくりにおいて、固定客を増やすことは、友達を紹介してくれたり、口コミで宣伝してくれる、とてもありがたいお客様です。

しかし、はじめから、いきなり固定客になってもらうなんてことはあり得ません。

一番最初にしなければいけないことは、潜在見込み客からの見込み客を見つけ出すことです。

多くの見込み客を見つけられれば、育てていくことで、最終的な固定客の数にも期待できます。


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。