【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

久々に懐かしいカタログを見かけました。

【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

ロゴとか会社名は消しています。

 

とある会社の初期の頃に作られた住宅カタログです。

懐かしさを感じるのは、これらのカタログの制作に携わった。ということもあるのですが、それ以上に、この2つカタログの表紙の写真は、私が撮ったものでもあります。

【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術 【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

カタログ内のメイン写真は、大手ハウスメーカーの写真も手がけるプロのカメラマンが撮った写真なのですが、表紙だけは井内が撮ったものが使われました。撮影していただいたプロカメラマンからは嫉妬の嵐でしたが(笑)

もちろん井内は、プロのカメラマンでもないですし、普段から写真を撮っているカメラ小僧でもありません。撮影に関しては素人に近いわけです。

 

初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

 

ですが、たった3つのことを押さえておけば、素人でも住宅カタログ表紙並の写真を撮ることができるのです。

実は、表紙というのは、メイン写真としてよく使われる、正面から撮影する王道の写真とは違い、

”目に留まる”

ということが求められます。

これからお伝えする3点を心掛けていれば、住宅カタログの表紙使える写真が撮れるのです。(実際、それで撮れました。)

 

その3点とは?

 

1.カメラはデジタルの歪みが少ないものを使う

撮影当時使っていたのは、一眼レフではなく、パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX(ルミックス)」でした。上司の借りてました。うろ覚えですが確か、Panasonic LUMIX DMC-FS7 だったかと思います。(シリーズの前後はあるかもしれません。)

【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

LUMIX DMC-FS7

本当なら、一眼レフカメラで撮影できればよかったのかもしれませんが、当時はまだまだいい値段をしてましたので、個人で持っている人も少なかったですね。上司がLUMIXを選んでた理由は、デジタル特有の歪みが他社と比べても少ないからなんだそうです。

今であれば、個人でも一眼レフカメラが購入しやすくなっていますので、そちらでもいいですが、上記のカメラと同等でもカタログのような写真が撮れるわけですから、無理する必要はありません。

 

 

2.水平、または垂直をとる

建物を見栄え良く撮るには、水平または垂直のラインのどちらかはしっかりと押さえてください。これは、建築写真を撮る時の基本です。

水平または、垂直も取れていない建築写真は、建物が傾いていると捉えられてしまうので、まず撮りません。

【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

垂直のラインを押さえている

【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

水平のラインを押さえている

レベルが上がれば、構図がどうたらこうたらとありますが、

水平または垂直のラインのどちらかはしっかりと押さえる。

まずは、これだけ気をつけてください。

 

 

3.子ども目線で撮影

井内が写真を撮った時、必ず心掛けていたのが、”子どもの目線”になることでした。わくわくできる気持ちとか、何かを探求する気持ちとか、住宅を通じてそういった部分を写真で描けたら…という気持ちでした。

実際に、膝をついて低い姿勢になってみてください。目線が変わるので、それだけでもかなりいろいろなアングルに気付きます。

 

プロのカメラマンは、正面の写真などの絶対押さえておかなければいけない王道の写真を撮影します。いわば、建築写真の王道は、大人目線なのです。

なので、その視点では撮られていない部分を押さえていくことが求められるのです。なぜなら、プロと同じ視点で撮影したって、敵うわけがないし、同じ目線で撮るのなら、プロに任せればいいのですから。

 

例えば、、、

【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

この写真の場合は、茂みの中から家を発見した感覚や、茂みの中から覗き見をしているような感覚で撮ってましたね。

よく言えば、「スタンド・バイ・ミー」とか「グーニーズ」とか、子どもの冒険心を掻き立てるような、そんなイメージです。

 

【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

この写真は、中庭のある住宅で、中庭に出てすぐ上空を見上げて撮影しました。

背後の窓ガラスに空と樹木が映り込み、柱(束)や梁との関係が、なんとなく幾何学的で不思議な画になったので、写真を撮りました。中庭に植えてあった樹木がいいアクセントになっています。

子どもってこういう幾何学的な?感じって好きですよね。自分も小さいころ、家の中で不思議な空間を見つけては楽しんでたような気がします。

 

 

以上

  1. カメラはデジタルの歪みが少ないものを使う
  2. 水平、または垂直をとる
  3. 子ども目線で撮影

の3点です。

これらを心掛けて、あとは何枚も撮りまくることです。井内もそうでしたが、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるですよ(笑)

 

 

おまけ.構図力を身に付ければさらにいい写真が撮れる!

余裕が出てきたら、少しずつ構図の勉強をしていけば、いい写真が撮れる確率は高くなります。

本で勉強しなくても、ネットでも検索するとかなり情報が出回っています。

【保存版】初心者でもできる住宅カタログ表紙の写真撮影術

写真が絶対にうまくなる構図力養成講座

構図はあれこれありすぎるので、全部覚えるのは正直嫌になりますよ(笑)

 

建築写真ではないですが、基本的なカメラの扱い方は、「カメラの学校」というサイトがわかりやすいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。