武力も権力も財力もないなら、広報を機能させよう!住宅業界に必要な広報のチカラ

広報という仕事って、住宅業界ではあまり目にしませんが、これからはすごく必要な職種だと感じています。その辺の役割を、Web担でわかりやすく紹介されています。

広報部って一見華やかそうに見えるけど、本当はどういう仕事をしているのか、日本IBMの玉川岳郎さんに広報の仕事の本質について聞いてきた。

広報部って一見華やかそうに見えるけど、本当はどういう仕事をしているのか、日本IBMの玉川岳郎さんに広報の仕事の本質について聞いてきた。

広報とは、武力も権力も財力も使わない!

広報とは、武力も権力も財力も使わず、コミュニケーションを通じて、信頼関係を築き上げ、目的を達成することです。

具体的には、

  1. 組織のブランドを強化して、それを守る。
  2. (コミュニケーションの力で)事業の推進

などが挙げられます。

カタチに見えないため、評価されづらい・・・

記事内では、広報の評価についても書かれています。

広報の評価は、広告のように、広報活動がどれだけ売上に貢献したのかは、数値に表れづらいです。なので、新聞や雑誌に載った露出量を広告費に換算する手法で評価するのではなく、メッセージを届けたい相手に向けて、影響力の高いメディアを決め、想いをきちんとつたえることが評価に値するとされています。

ただ、残念なことに、このカタチとして見えない部分が、モノづくりの人たちに理解されにくい部分なんですよね。だから、住宅業界では評価されにくく、普及していない・・・

誰もができる反面、誰もがやってはいけない・・・

今はSNSやブログなど、自身で発信することが容易になっていますから、実は誰もが広報のような役割をできます。ですが、下手な人がしてしまうと、会社のブランドや価値が下がりますよ。例えば、やる気のない営業マンにブログを書かせるとか・・・

スキルも必要ですが、最後のページに書かれた、この言葉がマインドの本質を物語っています。

「広報の軸はコミュニケーションです。信頼関係を築くために高潔さや倫理観を持って接してください。」

武力も権力も財力もないなら、広報を機能させましょう。工務店や設計事務所に必要不可欠になるが、広報のチカラです。

それには、住という情報でコミュニケーションを取れるかどうか?が鍵を握っています。となると、家や暮らしのことが好きじゃなきゃ無理ですね(笑)

住宅業界に欠けているPR力には、大きな可能性が眠っている!

2015年8月5日

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。