武力も権力も財力もないなら、広報を機能させよう!住宅業界に必要な広報のチカラ

広報という仕事って、住宅業界ではあまり目にしませんが、これからはすごく必要な職種だと感じています。その辺の役割を、Web担でわかりやすく紹介されています。

武力も権力も財力もないなら、広報を機能させよう!住宅業界に必要な広報のチカラ

広報部って一見華やかそうに見えるけど、本当はどういう仕事をしているのか、日本IBMの玉川岳郎さんに広報の仕事の本質について聞いてきた。

広報とは、武力も権力も財力も使わない!

広報とは、武力も権力も財力も使わず、コミュニケーションを通じて、信頼関係を築き上げ、目的を達成することです。

具体的には、

  1. 組織のブランドを強化して、それを守る。
  2. (コミュニケーションの力で)事業の推進

などが挙げられます。

カタチに見えないため、評価されづらい・・・

記事内では、広報の評価についても書かれています。

広報の評価は、広告のように、広報活動がどれだけ売上に貢献したのかは、数値に表れづらいです。なので、新聞や雑誌に載った露出量を広告費に換算する手法で評価するのではなく、メッセージを届けたい相手に向けて、影響力の高いメディアを決め、想いをきちんとつたえることが評価に値するとされています。

ただ、残念なことに、このカタチとして見えない部分が、モノづくりの人たちに理解されにくい部分なんですよね。だから、住宅業界では評価されにくく、普及していない・・・

誰もができる反面、誰もがやってはいけない・・・

今はSNSやブログなど、自身で発信することが容易になっていますから、実は誰もが広報のような役割をできます。ですが、下手な人がしてしまうと、会社のブランドや価値が下がりますよ。例えば、やる気のない営業マンにブログを書かせるとか・・・

スキルも必要ですが、最後のページに書かれた、この言葉がマインドの本質を物語っています。

「広報の軸はコミュニケーションです。信頼関係を築くために高潔さや倫理観を持って接してください。」

武力も権力も財力もないなら、広報を機能させましょう。工務店や設計事務所に必要不可欠になるが、広報のチカラです。

それには、住という情報でコミュニケーションを取れるかどうか?が鍵を握っています。となると、家や暮らしのことが好きじゃなきゃ無理ですね(笑)

武力も権力も財力もないなら、広報を機能させよう!住宅業界に必要な広報のチカラ

住宅業界に欠けているPR力には、大きな可能性が眠っている!

2015年8月5日
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。