ドキュメンタリーという皮を被ったバラエティ『ビフォーアフター』で、リフォーム費の捏造疑惑?

テレビ朝日系の『大改造!!劇的ビフォーアフター』で、リフォーム工事を請け負った愛知県東海市の建設会社が、追加発生した工事費など約2,900万円の損害賠償を、朝日放送や番組制作会社などに対して、名古屋地裁に提訴しているようですね。

大改造!!劇的ビフォーアフター

大改造!!劇的ビフォーアフター

当初の改修費は約2,200万円。その後、建築士や制作会社から追加工事を指示されたため、約2,700万円が加算。制作会社と交わした覚書では、予算を超える恐れが生じた場合には制作会社などと話し合うことになっていたが、いまだに協議されておらず、追加費用も支払われていないという流れのようです。

しかも、番組放送内では「予算内に収まった」というテロップが表示されてたとのこと(笑)建設会社社長は、放送倫理・番組向上機構(BPO)にも申し立てる意向を示しているようです。

ただ、朝日放送側は「追加工事の多くは、建設会社の現場管理に問題があった」と主張していて、「金額の根拠には多くの疑義がある。請求の法的根拠も明らかにされていない」と真っ向から反論しているようです。

該当しているのは、2014年7月27日に放送された「孫がハイハイできない家」というタイトルで放送された内容。

この手の番組は、ドキュメンタリーという皮を被ったバラエティですからね、とりえあず視聴率が取れればいいんですよ(笑)ドラマチックに演出して、タレントが感想を言う・・・そんな番組に、費用を少しでもケチろうと依頼する人も、これで有名になろうと出演する人も、視聴率のエサにされてることに気付くべきできですよ。依頼者や出演者の損得なんて、二の次です(笑)

業界人は嫉妬も含め、懐疑的な目で見ていますから、業界人にはウケが良くない番組ですが、一般の方にはウケが良いんですよね、他人事ですからね。ただ、あのゴールデンタイムで平均視聴率6~7%台のようですから、同じ局のアメトークより悪いですよ(笑)

NEWSPICKSでも色々なコメントが飛び交っています。そういえば、局と番組は違うけど、「ドリームハウス」でもありましたね・・・

建築家が産んだ不毛な住宅をリノベーションで蘇らせよう!

2014年12月5日

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。